椅子高級メーカー「プランク」について徹底解説【100年の伝統】

「椅子高級メーカーの「プランク(PLANK)」か。名前はよく聞くけど、どんな会社なんだろう。」

「プランク(PLANK)」は、椅子高級メーカーとして知名度があり、100年以上もの歴史がある一流ブランドメーカーです。

この記事では、椅子高級メーカー「プランク(PLANK)」について解説していきます。紹介する内容は以下の通りです。

紹介する内容
  • 「プランク(PLANK)」の歴史やインテリアの特徴
  • 在籍している2人のデザイナーについて
  • インテリアの価格帯
  • 人気商品3選
高級家具.com編集部

この記事を読んで、「プランク(PLANK)」について理解し、高級椅子購入の判断材料として役立ててください。

アイキャッチ画像出典:https://www.plank.it/en/inspirations/museion-museum-of-modern-and-contemporary-art/

椅子高級メーカー「プランク」とは

https://pixabay.com/ja/photos/bandiera-4388407/

椅子高級メーカーで知られている「プランク(PLANK)」は、100年以上の歴史を持つイタリアの家具ブランドです。

1893年、「プランク(PLANK)」は職人の工房で働いていたカール・プランクによって創業されました。カール・プランクは職人の仕事の傍ら、常にインテリアの調査・研究を欠かさず行いました。

その結果、カール・プランクは、自動生産システムを開発し、安い価格でハイクオリティなインテリアを供給できる一流ブランドへと「プランク(PLANK)」を成長させています。

1953年に「プランク(PLANK)」は、企業としてスタートしています。

椅子高級メーカー「プランク」の特徴

https://www.pakutaso.com/20190610177post-21595.html

椅子高級メーカー「プランク(PLANK)」は、100年以上の歴史を持つ一流ブランドです。「プランク(PLANK)」のインテリアの特徴を調査したところ、以下の点が分かりました。

特徴
  • インテリアの種類はモダンタイプなものが中心
  • シンプルでスタイリッシュな椅子や机が多い
  • シンプルなため、独自性のあるデザインは少ない

椅子や机の構造やデザインはシンプルな作りになっているうえに、最先端技術も組み込まれていて、ハイクオリティなインテリアとなっています。ただシンプルなだけのインテリアではありません。

椅子高級メーカー「プランク」のデザイナー①

https://www.plank.it/en/designers/konstantin-grcic/

椅子高級メーカー「プランク(PLANK)」に所属している有名なデザイナーは、「コンスタンチン・グルチッチ(Konstantin Grcic)」です。

コンスタンチン・グルチッチは、イギリスのパーナム大学で家具職人として修行し、ロンドンでデザインについて学びました。

その後、コンスタンチン・グルチッチは「KGID」を設立し大手デザイン会社のインテリアを開発していきました。彼が手がけたインテリアは数々の賞を受賞し、ローマやシカゴの美術館で展示されるほどです。

コンスタンチン・グルチッチのインテリアは、素材と最先端技術を駆使した革新的なデザインを打ち出し、彼の作品を世界に送り出しています。

2010年、コンスタンチン・グルチッチはデザイナーオブザイヤーに選ばれるほどの人物となっています。

椅子高級メーカー「プランク」のデザイナー②

https://www.plank.it/en/designers/naoto-fukasawa/

次に紹介する、椅子高級メーカー「プランク(PLANK)」に所属している有名なデザイナーは、「深澤直人」です。

深澤直人は、日本だけでなく14カ国の企業へのインテリアに関するコンサルティングも行っています。彼は、精密機器から家具まで、幅広い分野のデザインに携わっています。

深澤直人のインテリアコンセプトは、人が普段意識することのない、無意識の行動に着目したインテリアです。

彼が手がけたインテリアは日本国内だけでなく海外からも高く評価され、英国王立産業産業デザイナー(王立芸術協会)を授与された実績もあります。

深澤直人は、無印良品デザイナー兼アドバイザリーボードメンバーでもあります。あなたが普段使っている無印良品のインテリアには、深澤直人が関わっているのです。

椅子高級メーカー「プランク」は、どこで使われている?

https://www.plank.it/en/inspirations/pony-dining/

椅子高級メーカー「プランク(PLANK)」のインテリアを手がけたデザイナーは、コンスタンチン・グルチッチと深澤直人です。

この2人のデザイナーが手がけたインテリアは、どの場所で使われているのか調査したところ、以下の場所で使われているのが分かりました。

使われている場所
  • レストラン屋内・屋外
  • 飲食店やホテルのバー
  • 美術館や映画館
  • オフィス

「プランク(PLANK)」のインテリアは、法人向けのインテリアが多い印象です。法人向けのインテリアが多いですが、ダイニングやリビングといった消費者向けの空間にも違和感なく馴染みます。

椅子高級メーカー「プランク」の価格帯

https://pixabay.com/ja/illustrations/ドル-お金-ゴールド-金融-1703159/

椅子高級メーカー「プランク(PLANK)」のインテリアが欲しい人にとって、価格帯は気になるところです。

「プランク(PLANK)」の椅子は、おおよそ4万円から12万円の価格帯となっています。

他社の椅子高級メーカーの場合、最低価格が10万円ほどのインテリアがあります。一方で、「プランク(PLANK)」の価格は安い方です。

「プランク(PLANK)」は価格が安いからといって、品質には妥協していないので、ブランド品のなかでは安く買いやすいインテリアです。

高級家具.com編集部

次の項目から、「プランク(PLANK)」の人気商品を3つ紹介していきますね。

椅子高級メーカーの「プランク」人気商品①

https://www.plank.it/en/products/chairs/myto/

最初に紹介する、椅子高級メーカー「プランク(PLANK)」の人気商品は「MYTO(ミュト)」です。

「MYTO(ミュト)」は、コンスタンチン・グルチッチが2007年にデザインした椅子です。今までにない新しい素材と最新技術を駆使した椅子で、2011年にはコンパッソ・ドーロ賞を受賞しています。

「MYTO(ミュト)」は、黒や白、赤、オレンジ、黄緑色、水色のカラーがあり、プラスチックで出来ていて、片手で軽々と持ててしまうほどの軽さです。

価格は44,000円(税抜)で、高級椅子のなかではお手頃価格です。椅子のプラスチック素材は耐久性部品用に開発されたものなので、機能性も申し分ありません。

椅子高級メーカーの「プランク」人気商品②

https://www.plank.it/en/products/stools/miura/

次に紹介する、椅子高級メーカー「プランク(PLANK)」の人気商品は「MIURA(ミウラ)」です。

「MIURA(ミウラ)」の名前は、スペイン語で「暴れ牛」という意味があります。2005年にコンスタンチン・グルチッチがデザインした椅子です。

「MIURA(ミウラ)」は、黒や白、オレンジ、赤、ワインレッド、ライトブルー、黄緑色のカラーバリエーションがあります。素材には、強化ポリプロピレンが採用されているので耐久性も問題ありません。

価格は39,000円(税抜)で、こちらも高級椅子の中でもお手頃価格です。オフィスだけでなく、リビングにも似合う高級椅子です。

椅子高級メーカーの「プランク」人気商品③

https://www.plank.it/en/products/chairs/monza-bistro/

最後に紹介する、椅子高級メーカー「プランク(PLANK)」の人気商品は「MONZA(モンツァ)」です。

「MONZA(モンツァ)」も、コンスタンチン・グルチッチがデザインした椅子です。「MYTO(ミュト)」や「MIURA(ミウラ)」とは違い、木とプラスチックという独特な組み合わせとなっています。

椅子にはブナ素材の天然漆塗りや黒染色漆塗りがされていて、高級さを感じさせます。色は黒や白、キャラメル色、カフェラテ色、ブラウンといったバリエーションがあり、様々な印象を楽しめますよ。

「MONZA(モンツァ)」の価格は84,000(税抜)です。リビングに置いてもインテリアに馴染む高級椅子です。

まとめ

ここまで、椅子高級メーカー「プランク(PLANK)」について解説してきました。

「プランク(PLANK)」は、100年以上もの歴史ある椅子高級メーカーで、長年愛され続けてきました。

椅子の価格帯は最安値で39,000円からと買いやすく、値段が安いからといって品質にも妥協していません。

「プランク(PLANK)」の椅子を屋内や屋外で1つでも置いてみると、洗練された空間を創り出してくれますよ。

高級家具.com編集部

「「プランク(PLANK)」は、椅子高級メーカーのなかではリーズナブルに買えます。リビングに1つあるだけでも、あなたのお部屋を高級なものにしてくれますよ。」

ABOUTこの記事をかいた人

ふぉむ

本業の介護職正職員(6年目)として、毎日奮闘しながらwebライティングをしています。 出勤前、帰宅後、休日の時間に月10記事から20記事をメドに(1記事あたり文字数平均3,000~4,000字)納品しています。得意なことは①SEOライティング②観光記事の執筆③納期厳守です。以下は記事を掲載しているメディアです。 ①Cuterest(芸能) ②やすたび(観光) ③DEBIT INSIDER(金融) ④ルアナ占い(占い) ⑤高級家具.com(インテリア) ⑥エグゼクティブナビ(転職) twitterにて、私の書いた記事を毎月3つ公開しています。 Google検索10位以内の実績、Google検索数1000万のキーワードでトップの実績あり。 水族館に関する情報サイト、「ふぉむすい」を運営してます。 水族館と1人旅を愛する、おさかなさん。