椅子の革は自分で張替えよう!DIY方法・材料の選び方を紹介

190228 top - 椅子の革は自分で張替えよう!DIY方法・材料の選び方を紹介

毎日使う椅子が革製という方は、座面が日々劣化していくのが悩みではありませんか?

状態がひどいと、早めに椅子の張替えを依頼したいですが、しばらく手元から椅子がなくなるのは、困ったものですよね。

修理店へ張替えを依頼するのも費用がかかるので、なるべく最終手段にしたいところです。

そこで今回は、自宅でできる椅子のDIY張替えについてご紹介します。張替えでよくあるトラブルについてもご紹介しているので、「自分で張替えに挑戦したい!」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%AE%B6%E5%85%B7-%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB-%E6%A4%85%E5%AD%90-%E5%B1%8B%E5%86%85%E6%A4%8D%E7%89%A9-1840463/)

スポンサーリンク

本革の椅子は、DIYで張替えができない!

革張り椅子のなかでも本革の場合、革自体が高級品となります。デリケートな本革をDIYで張り替えると、失敗したときのリスクが大きくなるので、本革の椅子を自分で張り替えるのは難しいと言っていいでしょう。

手持ちの椅子を本革に変えたい!」という方や、「本革の椅子を持っている」という場合は、自分では手をつけず、椅子の張替えに慣れた職人へ依頼するほうが安心ですよ。

今回、DIYで張替えられる椅子は、合皮の椅子です。自宅にある椅子の素材は確認できましたか?合皮の椅子をお持ちの方は早速、次の工程に進みましょう!

革を張る準備をしよう!椅子のDIY張替えに必要なもの

椅子のDIY張替えに必要な材料と、それぞれの用途をご紹介します。馴染みのない道具については、代替品もご紹介しています。

椅子のDIY張替えに必要な材料
  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー(ペンチもあると便利)
  • ハサミ
  • タッカー

椅子の本体から座面を外す道具

プラスドライバーを使って、椅子の本体から座面を取り外します。なかには、六角レンチを使う必要がある椅子もあるので、張替え予定の椅子を事前に確認してくださいね。

41A77YgwVxL. SL160  - 椅子の革は自分で張替えよう!DIY方法・材料の選び方を紹介
created by Rinker
イーバリュー(E-Value)
¥1,278 (2020/09/08 17:14:40時点 Amazon調べ-詳細)

タッカーの芯を外す道具

金属の針を外すには、専用の道具がないと難しいですよ。マイナスドライバーなら自宅にある方も多いと思います。もし、先が細いペンチがあれば、マイナスドライバーと併用して使うと作業効率もアップするでしょう!

新しく張替える革をカットする道具

合皮のカットにはハサミを使います。裁ちばさみがあると一番いいですが、普段使っているハサミでも問題ありません。ただし、その場合は切れ味が悪くなるので、使えなくなってもいいようなハサミを選んでくださいね。

革のカット専用ハサミも販売されているので、張り替えを今後頻繁に行う予定の方は、購入してみるのもいいですね。

41  WMzph0L. SL160  - 椅子の革は自分で張替えよう!DIY方法・材料の選び方を紹介
created by Rinker
ニッケン刃物
¥1,615 (2020/09/08 17:14:41時点 Amazon調べ-詳細)

革を座面に張り付ける道具

タッカーという、大きなホッチキスに似た道具を使って、革を張替えていきます。タッカーは1000円以下のものから、6000円するものまで価格帯が幅広いですが、安いもので問題ありません。

タッカーを張替えのためだけに買うのは…という方は、釘を使って革を固定する方法や、文房具のホッチキスを使う方法もありますよ。

51873Lc8sCL. SL160  - 椅子の革は自分で張替えよう!DIY方法・材料の選び方を紹介
created by Rinker
サンアップ(SUN UP)
¥1,109 (2020/09/09 16:35:21時点 Amazon調べ-詳細)

合皮をネットで購入する時のポイント

合皮はホームセンターで生地を実際に確認しながら購入するのが一番ですが、お店によっては取り扱っていない場合もあります。

そんなときは、合皮をネットで購入することになりますが、ここでは、購入前に抑えておきたいポイントをご紹介します。

まずは、サイズは10cm単位で購入するということ。最小単位も決まっており、ショップによりますが、多いのは50cmからや、1mからの販売という単位です。

また、購入する長さは、事前に椅子から座面を剥がして、必要なサイズを確認すると安心です。購入して届いた合皮のサイズが小さくて使えない…と、ならないようにしましょう!

ウレタンは好みの種類を選ぼう!組み合わせもOK

椅子のクッション材として、ウレタンが使われている事がほとんどです。ウレタンには素材と厚みとで様々な種類がありますが、ここでは大きく2つに分けてご紹介します。

ウレタン

ふわふわしたスポンジのような素材です。弾力があり、柔らかいので、肌に触れる部分に使われていることが多い素材です。

しかし、ヘタりやすいのがデメリット。ウレタンだけでも問題ありませんが、クッションのボリュームが維持できません。次にご紹介するチップウレタンと併用することをおすすめします。

チップウレタン

ウレタンの端材を集め、圧縮して作られた素材です。硬いので、ウレタンよりもヘタりにくい素材です。

チップウレタンだけでは凹凸があり座り心地が悪いので、クッションの芯として使い、柔らかいウレタンと併用するといいでしょう。

革と道具が揃ったら!DIY張替えで椅子を張替える方法

椅子の張替え手順は、大きくわけて7工程あります。少し工程が多く感じますが、動画を見ながらなら大丈夫。一度、革の張替え方法を確認してみましょう!

  1. 椅子本体から座面を外す。さらにタッカーの針を外しながら、古い革を外す。
  2. 座面の板を使って、新しいウレタンをカットする。
  3. 張替え用の生地もカットする。
  4. 生地、ウレタン、座面の板の順に重ねる。
  5. タッカーで四隅をとめる。残りの革もシワができないよう、タッカーでとめる。
  6. 不要な革を短くカットし、裏地を貼る。
  7. 座面を本体に取り付けて、完成!

DIYで椅子の革を張替える時によくある「トラブル」とは?

張替えのときによく起きるトラブルや、困ったことについてご紹介します。事前に確認しておけば安心ですし、張替え作業もスムーズにできますね。

190228 crying - 椅子の革は自分で張替えよう!DIY方法・材料の選び方を紹介

新しい革を張る作業が、一人でやりにくい…。

そんなときは木工用ボンドをつけて、座面と革を固定しましょう!一人でも張替えやすくなります。ただし、ボンドはつけすぎないようにしてくださいね

190228 man - 椅子の革は自分で張替えよう!DIY方法・材料の選び方を紹介

タッカーの針外しが大変…。

椅子1脚ならまだしも、複数の椅子の張替えとなると、大変ですよね。作業をスムーズに行うには、「ステープルリムーバー」という針を外すための道具を使いましょう。

細かい作業が苦手な方には、タッカーの針を全て取らない方法もありますよ。角にある針だけを取り外して、残りの部分は革をカットすれば、座面の革を簡単に取り外すことができます。

190228 person - 椅子の革は自分で張替えよう!DIY方法・材料の選び方を紹介

張替えのとき、大きなシワができてしまった!

新しい革を張替えるとき、タッカーを使っていると、だんだんとシワが大きくなってしまうことがあります。そんなときは、針を一度抜いて、シワを伸ばしてから、改めて針を打ち直しましょう。

少し手間に思えますが、なるべくシワをなくすことで、仕上がりも良くなります。気付いたら、早めに対処しておきましょう。

190228 grimace - 椅子の革は自分で張替えよう!DIY方法・材料の選び方を紹介

タッカーがうまく打てず、針が浮いてしまった。

タッカーに使い慣れないうちは、うまく針が刺さらないことがあります。針が浮いてしまった場合は、かなづちで上から叩いて打ち込むか、芯を抜いて再度打ち直すといいでしょう。

うまく打てない状態が改善しない場合、使っている芯を確認しましょうおすすめの針の長さは8mm程度しっかりしたメーカーの針が強度があり、失敗しづらいですよ。

革や材料がついた、「DIY椅子張替えキット」もある!

190228 office 300x199 - 椅子の革は自分で張替えよう!DIY方法・材料の選び方を紹介

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BC%9A%E8%A8%88%E5%A3%AB-620822/

張替えに必要な工具や新しい革を、1から準備するのは大変ですよね。自分で張替えをやってみたいけど、なかなか気が進まないなぁ。という方は、「DIY椅子張替えキット」を使ってみませんか?

張替えに必要なウレタンや、新しい革、工具もついたセットで、主にネットで販売しています。届いたらすぐに作業ができるので、「忙しくて材料をそろえる暇がない!」という方には嬉しいですね。

もちろん、工具なしのセットが選べることもあるので、材料選びだけプロにお任せしたい!という方にもおすすめですよ。

座面を郵送で送れば、張替えてくれるサービスも。

ここまでDIYでの張替え方法についてご紹介しましたが、「DIY張替えが難しそうだなぁ…」と感じたり、「張替えを途中で断念してしまいそう」という方はいませんか?

椅子の座面を取り外して、張替え業者へ座面を郵送で送れば、張替えた座面が届くサービスもありますよ。事前に電話やメールで打ち合わせができるので、仕上がりも安心です。

座面の取り外しはプラスドライバーで簡単にできます。張替えの手間がほとんど無いのが嬉しいですね。

1脚丸ごとを郵送するよりも送料が安く済むので、DIY張替えに自信がない方は、座面を郵送で送る張替えサービスを利用してみましょう!

革の椅子は自分に適したDIY方法で張替えよう!

190228 architect 300x225 - 椅子の革は自分で張替えよう!DIY方法・材料の選び方を紹介

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%BB%BA%E7%AF%89%E5%AE%B6-%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF-%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9-569361/

今回は、張替え方法を3つご紹介しました。椅子の張替えといっても、たくさんの方法があるんですね。

  • 一から材料をそろえてDIY張替え
  • DIY張替えキットを使う。
  • 座面のみ取り外して、郵送でプロへ張替え依頼

一から揃えるほうが費用が抑えられますし、郵送で依頼したほうが手間が省けます

「金額」や「手間」を全体的にチェックして、自分に合った方法で、無理せずに張替えましょう。

まとめ

革張りの椅子は、長年使っていくと座面が破れてきますよね。きちんと手入れをしていても、いずれは寿命がきてしまいます。皆さんが毎日座っている革張りの椅子は、破れたままではないですか?

修理店へ張替えに出すと、その間椅子がなくて不便になる…。という方は、合皮の椅子であれば、自宅ですぐに作業ができる「革のDIY張替え」を行うのがおすすめですよ。

新しく椅子を張替えれば、気分もリフレッシュします!張替えには様々な方法がありますので、自宅に傷がひどい革張りの椅子があれば、自分に合った方法で新しく革を張替えてみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

web+運営部

web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。