ソファが沈むときは「修理」で元通り!原因・対処法を症状別に解説!

sasha stories qzt0DKKG8Pc unsplash - ソファが沈むときは「修理」で元通り!原因・対処法を症状別に解説!

修理の方法が分からないまま、座面が沈むソファを使い続けていませんか?

「修理費用もかかりそうだし、まだ使えるから、このまま使ってみようかな」と考えるのは、勿体ないかもしれませんよ。

この記事では、沈むソファの症状ごとに、それぞれの原因・対処法・修理にかかる費用についてご紹介しています。

記事の後半では、プロへ修理を依頼した際のメリットについても解説しています。ぜひ参考にしてくださいね。

(トップ画像出典:https://unsplash.com/photos/qzt0DKKG8Pc)

スポンサーリンク

こんな症状で悩んでない?座面が沈むソファは修理しよう!

自宅のソファが「座面が沈んで気になるなぁ」と、感じているあなたは、このような悩みを持っていませんか?

190827 1 - ソファが沈むときは「修理」で元通り!原因・対処法を症状別に解説!
女性

よく座るところだけ、ソファが沈んでいる…

190827 2 - ソファが沈むときは「修理」で元通り!原因・対処法を症状別に解説!
男性

ソファが沈みすぎて使いづらい!!

本来ソファは、リラックスするための家具。悩みを抱えた状態で毎日使っていると、体は休まりませんし、ソファの悩みは日々大きくなるばかりですよね。

座面の沈みが気になってきたら、ソファの修理を考えてみましょう。

あなたはどんな修理が必要?ソファが沈む原因は3つ!

ソファの沈みには様々な原因があり、1つではありません。まずは、それぞれの原因から確認してみましょう。

ソファが沈む原因は、大きくわけて3種類!
  • クッション材のへたり
  • スプリングが折れている
  • ソファの耐荷重

3つの原因のなかには、修理をして改善するものもあれば、対処が難しいものもあります

あなたのソファがどんな原因で沈んでしまっているのか、早速確認してみましょう!

190621 woman1 - ソファが沈むときは「修理」で元通り!原因・対処法を症状別に解説!

次の項目からは、ソファが沈む症状ごとに、原因・修理方法をご紹介していきます。

ソファの症状①よく座るところだけ沈んでいる

1つ目の症状は、座面の一部が沈み、凹んでしまった状態のソファです。

いつもソファの同じ位置に座っていると、座面の一部だけが沈んでしまう原因になります。

また、小さいお子様がいる家庭では、ソファの上で飛び跳ねることが原因で、座面が沈んでしまうことが多いようです。

座面の一部だけでなくても、ソファに座ったとき、座り心地が固くなってきたと感じるようなら、ソファの修理を行いましょう。

沈むソファの修理法は「クッション材の交換」

?size=m - ソファが沈むときは「修理」で元通り!原因・対処法を症状別に解説!

座る頻度が原因でソファが沈んでいる場合は、クッション材の交換をすれば、購入時の見た目・座面の柔らかさが戻りますよ。

ソファのクッション材に使われる素材は「ウレタン」「羽毛」の2種類が多く使われていますが、メーカーによっては独自のクッション材を使っていることもあります。

自分でDIY修理にチャレンジするなら、ネット通販やホームセンターで、ウレタンを購入して、古いクッション材と交換してみましょう。

「クッション材の交換」をプロへ依頼した場合の費用

クッション材のみを交換した場合、修理費用は3人掛けのソファの座面で3~6万円程度です。

(参考資料「料金・お支払いについて」:https://www.ny-k.co.jp/service/repair/price.html)

ソファの症状②ソファが沈みすぎて使いづらい

?size=m - ソファが沈むときは「修理」で元通り!原因・対処法を症状別に解説!

2つ目の症状は、ソファに座ったとき、座面が沈みすぎて使いづらい状態のソファです。

ソファを長年使っていると、ソファ内部の硬いパーツをお尻で感じるようになります。

また、ネット通販で購入したソファは「思ったよりも座面が沈むな」と使い始めの時点で感じることがあるようです。

190621 woman1 - ソファが沈むときは「修理」で元通り!原因・対処法を症状別に解説!

こちらの症状のソファをお持ちの場合、原因は2つ考えられます。

次の項目からは、それぞれの原因・修理方法をご紹介します。

沈むソファの修理法は「スプリングの交換」

?size=m - ソファが沈むときは「修理」で元通り!原因・対処法を症状別に解説!

1つ目の原因は、スプリングの劣化が考えられます。ソファの座面の中には、座ったときの弾力性を出すために、金属製のバネや、布製のテープが使われています。

スプリングが劣化して破損していれば、体を支える要素が減ってしまい、それだけ座面が沈む原因になるんです。

劣化したスプリングは、”PPバンド”を使ってある程度自分で補修することが可能ですが、こちらの方法は初心者からすると、難しそうに感じる作業でもあります。

DIYでの補修が難しそうに感じたら、スプリングの交換をプロへ依頼して、沈みの原因を解消してもらいましょう。

「スプリングの交換」をプロへ依頼した場合の費用

ウェービングテープ・スプリングなどを交換した場合、修理費用は4~8万円程度です。

(参考資料「料金・お支払いについて」:https://www.ny-k.co.jp/service/repair/price.html)

white and green throw pillows 1248583 486x290 - ソファが沈むときは「修理」で元通り!原因・対処法を症状別に解説!

【ソファの修理】スプリングが弾けた時の対処法!DIY・プロへ依頼?

2019年8月28日

耐荷重が原因でソファが沈む場合、修理可否はプロへ相談してみて

2つ目の原因は、耐荷重です。耐荷重とは、ソファが耐えられる重さの限度のこと。ネット購入したソファに多い症状で、見た目は問題なくても深く沈む場合は、耐荷重が原因の可能性が高いでしょう。

耐荷重が原因で座面が深く沈む場合、どのような対処方法があるのか調査しましたが、残念ながら、耐荷重を増やす方法については見つけることができませんでした。

ですが、そのままソファを使い続けてしまうと、ソファが破損しやすくなり、ケガをする原因になるかもしれません。

修理店へ相談して何か対応ができる方法があるか確認してみるか、購入したソファを買い取ってもらうか、どちらかの方法で対応するといいでしょう。

ネット通販でソファを購入する時は、ソファの耐荷重を必ず確認してくださいね。

プロへ修理依頼をすれば、ソファのメンテナンスも同時にできる

購入したソファの座面が沈む場合、自分でDIY修理を行うことも可能です。ただし、ソファに愛着があり、今後も長く使っていきたい場合は、プロへ修理を依頼するほうがおすすめですよ。

今回ご紹介した、ソファ内部のクッション材・スプリングだけでなく、フレームとなる木材が折れていたり、劣化している可能性もあります。

特に、長年使っているソファをお持ちの場合は、メンテナンスも兼ねて、プロへの修理依頼が必要となるでしょう。

沈むソファの修理と同時に、生地の張替えも考えてみよう

?size=m - ソファが沈むときは「修理」で元通り!原因・対処法を症状別に解説!

もしも、ソファの表面に汚れが目立っていたり、ひどい傷がある場合には、生地の張替えも同時に依頼してみませんか?

張替えは同じ素材だけでなく、革張りを布張りに変えたり、異なる素材へ変更することも可能です。お部屋のインテリアに合わせて、好みの張地を選んでみてくださいね。

「生地の張替え」をプロへ依頼した場合の費用
  • 3人掛けソファ(幅1800〜2000㎜)・・・8〜16万円程度
  • 2人掛けソファ(幅1400〜1800㎜)・・・7~13万円程度
  • 1人掛けソファ(幅1000㎜くらい)・・・6~10万円程度

(参考資料「料金・お支払いについて」:https://www.ny-k.co.jp/service/repair/price.html)

190218 top 486x290 - ソファが沈むときは「修理」で元通り!原因・対処法を症状別に解説!

ソファーの革を張り替える前に、”最低限”知っておきたい知識とは?

2019年2月19日

まとめ

今回は、ソファが沈んでしまう時の原因と、それぞれの対処法をご紹介しました。

ソファの沈みの原因は1つではありません。原因の多くは、内部のクッション材がへたっているか、スプリングの破損となります。

ネット通販でソファを購入した場合、購入後すぐに座面が沈んで使いづらい場合は、耐荷重を超えている可能性が高いでしょう。

いずれにしても、プロへ修理の相談をしたほうが、沈みの解消以外にも、ソファの点検まで行えて安心です。大切に使っていきたいソファなら、DIYで修理するよりも、プロへ修理を依頼することをおすすめします。

ABOUTこの記事をかいた人

web+運営部

web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。