観葉植物

おすすめのストレス解消法5選!効果的な方法で心と体をケアしよう

ストレスが溜まっているあなたは、「どうすれば解消できるんだろう…」と悩んでいませんか?本記事では、手軽にできるおすすめのストレス解消法を5つ紹介します。

過度なストレスは心や体に悪い影響を与えるため、早めにセルフケアすることが大切です。この記事で紹介する方法であれば、効果的にストレスを解消できるので、すぐにでも実践していただければと思います。

元気な自分を取り戻すため、そして毎日を快適に過ごすためにも、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/photos/balcony-woman-standing-sunshine-1834990/)

そもそもストレスって何?知っておくべき基礎知識

出典:https://unsplash.com/photos/0lD4hF1fBv0

ストレスとは、外部から刺激を受けたときに生じる緊張状態のことです。

医学や心理学の領域では、心や体にかかる外部からの刺激を「ストレッサー」と言い、ストレッサーにより生じる様々な反応を「ストレス反応」と言います。

例えば、以下のような刺激を受けると、私たちはストレスを感じやすくなります。

環境的ストレッサー 天候の変化、周辺環境の騒音など
身体的ストレッサー 怪我、病気、睡眠不足など
心理的ストレッサー 経済的な不安、仕事の悩み、将来への不安など
社会的ストレッサー 職場の人間関係、友人とのトラブルなど

(参照:『みんなのメンタルヘルス総合サイト(厚生労働省)』 https://www.mhlw.go.jp/kokoro/first/first02_1.html)

日常生活の中では、上記のような様々な変化や出来事が起きますが、それら全てがストレスの原因(ストレッサー)になります。

なお、嫌なことや辛いことだけがストレッサーになるわけではありません。実は就職や結婚といった喜ばしいことも刺激であるため、ストレスの原因になります。

つまり、生きていく上でストレスは切り離すことができないので、豊かな人生を送るためにはストレスと上手く付き合っていくことが重要です。

ストレスによって引き起こされる心や体の不調

誰もが少なからず抱えているストレス。では、人はストレスを感じたり溜め込んだりすると、心や体にどのような影響が出てくるのでしょうか。

ストレッサーにより引き起こされるストレス反応は、大きく「心理面」「身体面」「行動面」の3つに分けることができます。それぞれで見られる主な反応は以下の通りです。

心理面 活気の低下、イライラ、不安、抑うつ(気分の落ち込み、興味・関心の低下)など
身体面 体のふしぶしの痛み、頭痛、目の疲れ、動悸や息切れ、胃痛、食欲低下、不眠など
行動面 飲酒量や喫煙量の増加、仕事でのミスや事故、ヒヤリハットの増加など

(参照:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト『こころの耳』 https://kokoro.mhlw.go.jp/nowhow/nh001/)

ご覧の通り、ストレスは私たちの心や体、そして行動に悪い影響を及ぼします。全てのストレスが悪いというわけではないですが、基本的には“マイナスに働くことが多い”と考えておくのが無難でしょう。

なお、紹介したようなストレス反応が長く続いている人は、既に過剰なストレス状態に陥っているかもしれません。

次の章からは、効果的なストレス解消法を紹介していくので、ぜひそちらを参考にしながらストレス発散に努めてみましょう。

症状の程度が重かったり、長く不調が続いたりする場合には、専門家(精神科・心療内科)に相談することをおすすめします。

簡単!今すぐできる効果的なストレス解消法

ここからは、今すぐできる効果的なストレス解消法を紹介していきます。本記事で紹介する方法は以下の5つです。

今すぐできる効果的なストレス解消法
  • 適度に運動をする
  • しっかり睡眠をとる
  • 自然と触れ合う
  • 趣味に没頭する
  • 親しい人と話す

どのストレス解消法も手軽にできますが、いきなり全てのものに手を出す必要はありません。確実にストレスを減らすためには、自分に合った方法を見つけること、そして無理のない範囲で行うことが大切です。

以下では、5つのストレス解消法について詳しく解説しているので、さっそくチェックしていきましょう。

おすすめのストレス解消法①適度に運動する

出典: https://www.photo-ac.com/main/detail/24050683#goog_rewarded

ストレスを解消するのにおすすめなのが、適度に運動することです。人は体を動かすと、ストレスに対して効能がある「セロトニン」という脳内の神経伝達物質が分泌されます。

セロトニンは精神安定剤と分子構造が似ており、慢性的なストレスや疲労、イライラなどを抑えるのに効果的です。散歩のような軽い運動でも十分な効果を得られるので、誰でも気軽にトライできるでしょう。

ちなみにセロトニンは、日光浴をしても分泌されます。ですので、ストレスが溜まっているときは、外で体を動かしてセロトニンの分泌を促すと良いでしょう。

また、隙間時間にストレッチをするのもおすすめです。凝り固まった体をほぐすことで、疲労回復やリラックス効果を期待できるので、ストレス解消に有効と言えます。

おすすめのストレス解消法②しっかり睡眠をとる

出典:https://unsplash.com/photos/wBuPCQiweuA

睡眠不足が続いて心や体が休まらないと、どうしてもストレスが溜まりやすくなります。そのため、今あるストレスを解消するためには、しっかり睡眠をとることが重要です。

また、睡眠時は起きている間に入ってきた情報を整理し、必要なものだけを記憶するという作業を行っています。この作業があるからこそ、人は知識を固定できたり、ストレスを取り除いたりできるのです。

なお、必要な睡眠時間は人によって異なりますが、一般的には6〜8時間程度が目安の1つとされています。もちろん睡眠の質も大事なので、「寝る前にスマホを触らない」といった工夫も必要です。

「最近、寝付きが悪い…」という人は、軽い運動や入浴などをして気持ちを落ち着かせると、眠りやすくなるのでおすすめです。

おすすめのストレス解消法③自然と触れ合う

出典:https://unsplash.com/photos/vJDbPuxUS_s

花や木をはじめ、自然と触れ合うこともストレスを解消するのに有効です。自然が人のストレスを解消するという研究は世界中の大学で行われており、科学的にストレス解消に効果があることが証明されています。

近年は、自然の中で体を動かす「グリーンエクササイズ」が注目され、公園や川沿いなどで運動する人が多くなりました。短時間でストレスを軽減できるので、ぜひ気になる人は試してみると良いでしょう。

また、ここ数年間は新型コロナウイルスの影響により、自宅で過ごす時間が増えています。ですので、いつでも自然と触れ合えるよう、観葉植物を取り入れてみるのもおすすめです。

以下の記事では、誰でも手軽に花を生活に取り入れられる「花のサブスク」について紹介していますので、ぜひ併せて読んでみてください。

【2022年7月最新】花のサブスクおすすめランキング6選「花のサブスクに興味があるけど、料金プランや届くお花の種類・量がさまざまで、どれを選んでよいのか分からない。」 部屋にお花を飾りた...

植物は「フィトンチッド」という香り成分を放出しており、リラックス効果があることで知られています。さらに視覚的効果として、ストレスや眼精疲労の軽減を期待できるところも、植物の魅力的なポイントです。

おすすめのストレス解消法④趣味に没頭する

出典:https://unsplash.com/photos/GCpyNh39kOc

ストレスを発散するために、趣味に没頭するのも非常におすすめです。多くの人が経験済みかと思いますが、人は楽しい時間を過ごしているとき、嫌なことや辛いことを忘れられます。

つまり、気分転換につながってストレスを軽減できるので、積極的に趣味の時間を確保するようにしましょう。

特に趣味がない人は、この機会に新しいことを始めてみてはいかがでしょうか。何かを始めるときには少なからずストレスがかかりますが、今後の長い人生を考えると趣味があることは大きな助けになるでしょう。

料理・旅行・映画など、あなたが興味を持っているものであれば何でも趣味になります。ストレスを解消するため、そして楽しい人生を過ごすためにも、夢中になれるものを探してみることをおすすめします。

おすすめのストレス解消法⑤親しい人と話す

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4019748

親しい人と話すことで、ストレスを解消できるケースも少なくありません。あなたも親しい先輩や友人と会話をして、「気分が楽になった」と感じた経験があるのではないでしょうか。

誰かに話を聞いてもらうと、自分の気持ちを整理できたり、解決策が見えてきたりすることがあります。それがあなたのことをよく知る親しい人であれば尚更でしょう。

また、人は笑うと「エンドルフィン」という脳内の神経伝達物質が分泌されます。エンドルフィンには幸福感をもたらす効果があるので、親しい人と楽しく話せば気持ちがスッキリするでしょう。

何よりも自分の状況や悩みを共有できる人がいれば、それだけで安心感を得られます。もし自分だけでストレスを解消するのが難しい人は、迷わずに誰かの力を借りるようにしましょう。

要注意!おすすめできない3つのストレス解消法

ストレス解消法には様々なものがありますが、中にはおすすめできない方法もいくつかあります。特におすすめできないストレス解消法として、以下の3つが挙げられます。

おすすめできないストレス解消法
  • 暴飲暴食
  • 過度な喫煙
  • ギャンブル

ストレスが増加することで、暴飲暴食や過度な喫煙をする人も少なくありません。しかし、これらの方法は体調不良を起こしたり、睡眠の質を下げたりするため、余計にストレスを溜めてしまう可能性が高いです。

また、ギャンブルは金銭面でのリスクが大きく、刺激が強すぎるのでストレス解消には向いていません。さらにギャンブルには麻薬のような依存性があるため、安易に手を出さない方が良いでしょう。

上記の方法は、一時的に気分転換できるものの、その代償があまりにも大きすぎます。新たなストレスを生み出すだけなので、他の方法を検討するようにしましょう。

まとめ:自分に合った方法でストレスを解消しよう

今回は、手軽にできるおすすめのストレス解消法を紹介しました。改めておすすめしたストレス解消法をまとめて紹介します。

おすすめのストレス解消法まとめ
  • ウォーキングやストレッチなど適度に運動する
  • しっかり睡眠をとる(一般的な目安は約6〜8時間)
  • 公園や観葉植物などを利用して自然と触れ合う
  • 趣味に没頭してリフレッシュを図る
  • 家族や友人など親しい人と楽しく会話をする

どの方法もストレスを解消するのに効果的なので、今日からでも試していただければと思います。本記事を読んだあなたなら、着実にストレスを減らすことができ、より楽しい時間を過ごせるようになるでしょう。

過度なストレスは心や体に悪い影響を与えるので、ぜひ紹介した方法を参考にしながらストレス解消に努めてみてください。

 

ABOUT ME
ゆうと
愛知県出身。建設業からWebライターへと転身後、旅行・転職・アニメなど幅広いメディアで記事を執筆。無類のバスケット好きで、幼い頃からNBAの大ファン。