観葉植物・花

花を飾る5つのメリット!色が持つ効果や長持ちさせるポイントも紹介

母の日やお祝い事の定番ギフトになっている「花」。部屋に花を飾ることで、ストレスを緩和できたり、空間をおしゃれに見せたりできるのも魅力です。

他にも日常生活に花を取り入れることで、様々な嬉しい効果を期待できます。そこで今回は、花を飾る5つのメリットと花の色がもたらす効果について解説します。

また、花を長持ちさせるポイントも併せて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/photos/wall-mockup-interior-design-flowers-7076160/)

嬉しい効果がいっぱい!花を飾る5つのメリット

出典:https://pixabay.com/photos/zzz-blog-photography-lifestyle-5026213/

近年は、働き方改革やコロナ禍の影響で在宅時間が増加したこともあり、自宅に花を飾る人が増えてきています。

では、花を飾ることでどのようなメリットを得られるのでしょうか。特筆すべきメリットとして、以下の5つが挙げられます。

花を飾るメリット
  • ストレスを緩和できる
  • 仕事の生産性が高まる
  • 部屋が綺麗になる
  • おしゃれな空間を演出できる
  • 運気アップを期待できる

部屋に花を飾ることで、「ストレスが少なくなる」「空間の印象が良くなる」といったメリットを得られます。オフィスやホテルなどに花が飾られているのも、上記のような効果を期待できるからです。

以下では、それぞれのメリットについて詳しく解説しているので、さっそくチェックしていきましょう。

花を飾るメリット①ストレスを緩和できる

人は花を見ることで「セロトニン」や「ドーパミン」といったホルモンが分泌されます。これらは「幸せホルモン」と呼ばれており、気持ちを安定させてストレスを減少してくれるのです。

また、花がもたらす心理的効果として、「疲労」「緊張」「不安」「抑うつ」「怒り」などを緩和することが医学的に証明されています。(参照:https://www.mizuho-rt.co.jp/case/research/flower2012.html)

さらに花の香りにはリラックス効果や鎮静効果があるため、花を飾るだけでストレス軽減を期待できるのです。上記の点から、花を飾ることはストレスを緩和させ、心身のバランスを整えるのに効果的と言えます。

花を飾るメリット②仕事の生産性が高まる

ワークスペースに花を飾ると、仕事の生産性が上がったり、創造力が刺激されたりすると言われています。オフィスに花が飾られているのは、作業場の印象を良くするだけでなく、上記のような効果を得られるためです。

さらに植物を見ることで、ストレスや眼精疲労の軽減効果を期待できます。特に在宅ワークをしている人は、心身のストレスや目の疲れが溜まりやすいので、積極的に花の活用を検討してみましょう。

花を飾るメリット③部屋が綺麗になる

自宅に花を飾ることで、より部屋を綺麗にできる可能性が高まります。というのは、花の美しさを損なわないために、部屋の中を片付けようとする心理が働くからです。

家中とまではいかなくても、花の周りや部屋の広範囲を片付けられるかもしれません。部屋が綺麗になれば、今までよりも空間が広く感じられ、快適な日々を過ごすことができます。

「部屋の片付けが一向に進まない…」「整理整頓しておしゃれな部屋をつくりたい!」という人は、きっかけとして花を飾ることから始めてみてはいかがでしょうか。

花を飾るメリット④おしゃれな空間を演出できる

繊細でありながら大きな存在感を放つ花は、インテリアの一部として大いに活躍してくれます。部屋に清潔感や明るさを与え、色鮮やかな見た目がアクセントになるので、簡単におしゃれな空間を演出することが可能です。

また、花には様々な種類があり、インテリアに合わせて選びやすいのもポイント。さらに花の本数や花瓶のデザインによっても部屋の印象を変えられるので、自分好みの空間を演出しやすいです。

今ある生活空間に物足りなさを感じている人は、ぜひこの機会にお試しで花を飾ってみることをおすすめします。

花を飾るメリット⑤運気アップを期待できる

風水において花は、運気を下げる原因となる「邪気」を吸い取る効果があるとされています。そのため、花を飾ることで運気アップを期待できるのです。

なお、風水効果は花の種類や飾る場所によって変わるので、購入する前に調べておきましょう。花屋に足を運ぶ場合は、店舗スタッフに尋ねてみるのもおすすめです。

「最近、あまり良いことがない…」「何をやっても上手くいかない…」と感じている人は、日常生活に花を取り入れて運気アップを図ってみましょう。

【豆知識】花の色がもたらす効果について

出典:https://pixabay.com/photos/violet-interior-setup-flower-2374509/

あなたも綺麗な花の色を見て、心が癒やされたり、活力が湧いたりした経験があるのではないでしょうか。色は人の心理に影響を与えるので、その効果を意識して花を選んでみるのもおすすめです。

以下では、それぞれの色がもたらす効果を簡単にまとめているので、花を選ぶときの参考にしてみてください。

ピンク 癒やし効果が高く、優しい気持ちになれる
情熱やエネルギーを刺激し、やる気を起こさせてくれる
自律神経のバランスを整え、心を落ち着かせてくれる
リフレッシュ効果があり、気持ちの切り替えがしやすくなる
オレンジ 陽気な印象が強く、勇気や決断力を与えてくれる
気分を明るくし、良いコミュニケーションをもたらしてくれる
高ぶった感情を落ち着かせ、集中力を高められる

花を自分の部屋に飾るときはもちろん、誰かにプレゼントするときも色選びは1つのポイントになります。色を意識すれば、花を通して自分の思いを伝えられるので、受け取る相手もより喜んでくれるはずです。

例えば、母の日に「元気を与えたい」という思いで花を贈るとしましょう。その場合、エネルギーを刺激する「赤色」や気分を明るくしてくれる「黄色」などがおすすめです。

また、クールな印象がある人には気品のある「紫色」というように、相手のイメージに合わせて色を選ぶのも良いでしょう。ぜひ花の色にも注目しながら、素敵なフラワーギフトを選んでみてください。

花を飾る前に欠かせない基本的な下準備

出典:https://pixabay.com/photos/flower-flora-leaf-bouquet-tulip-3379288/

購入した花を長く楽しむためには、飾る前の下準備が欠かせません。以下の3つの準備を行えば、花を長持ちさせることができるので、この機会に覚えておきましょう。

花を飾る前の下準備
  • 水揚げをする
  • 余分な葉を切る
  • 花瓶を洗浄する

水揚げをする

水揚げとは、切り花の水の吸収を促す作業のことを言います。花を長持ちさせるには、水分を失わせないことが大切なので、水を吸い上げやすい状態にしてあげましょう。

水揚げの方法として、最もポピュラーなのが水切りです。水切りとは、水に浸した状態で茎の先を切ることで、斜めにカットして水を吸い上げる面を多くします。

水切りをするときは、切れ味が良い刃物を使ってスパッと切るのがポイント。そうすることで、水を吸い上げる道管が潰れず、花がしっかり水分を吸収できるようになります。

なお、適切な水揚げの方法は花によって異なるので、購入する際に店員に確認しておくと安心です。

水切りをする際は、刃物で指先を切らないように十分に注意してください。

余分な葉を切る

花を飾る前に、水に浸かる部分の葉を取り除いておくことも大切です。というのは、葉を水に浸したまま放置すると、すぐに水が濁ってしまうからです。

花を長持ちさせるには、水が綺麗であることが絶対条件なので、余分な葉を切ってから花を飾るようにしましょう。

花瓶を洗浄する

花瓶の中が汚れていると、水に雑菌が繁殖して花を傷めてしまいます。ですので、花瓶の中をしっかり洗浄してから花を飾るようにしましょう。

なお、花瓶の洗浄は最初に生けるときだけでなく、水を入れ替える際にも行うようにしてください。そうすれば、雑菌の繁殖を防ぐことができ、長く綺麗な花を楽しめます。

花を飾った後に注意すべき3つのポイント

出典:https://pixabay.com/photos/hyacinths-flower-blossoms-pink-1354489/

花を長持ちさせるには、飾る前の下準備だけでなく、飾った後の管理の仕方も重要です。特に注意すべきポイントとして、以下の3つの点が挙げられます。

花を飾った後に注意すべきポイント
  • 風通しが良く直射日光が当たらない場所に置く
  • 水を清潔な状態に保つ
  • 余分なつぼみや枝葉を取り除く

風通しが良く直射日光が当たらない場所に置く

部屋に花を飾るときは、風通しが良く直射日光が当たらない場所に置くのが基本です。風通しが悪いとカビや雑菌が繁殖しやすくなり、直射日光が当たると花がダメージを受けてしまいます。

また、エアコンの風が直接当たると乾燥してしまうので、空調の近くに花を飾るのも避けましょう。

水を清潔な状態に保つ

できるだけ花を長持ちさせるには、水を清潔な状態に保つ必要があります。汚れた水は花を傷める原因になるので、できれば毎日水の入れ替えを行うようにしてください。

なお、水を交換するときに水切りや花瓶の洗浄も行うと、花をより長持ちさせることができます。

余分なつぼみや葉を取り除く

余分なつぼみや葉をつけたままにしていると、花に十分な栄養が行き渡らなくなってしまいます。ですので、成長を妨げる部分(茎の下部にあるつぼみや葉など)は取り除くようにしましょう。

また、傷んだ部分を放置することも花を傷める原因になるので、速やかに取り除くようにしてください。

まとめ:部屋に花を飾って快適な毎日を過ごそう

今回は、花を飾ることで得られる効果や長持ちさせるポイントについて解説しました。改めて記事の内容を簡単にまとめてみます。

記事の内容まとめ
  • 花にはストレス軽減や運気アップなどの効果がある
  • 花を飾れば簡単におしゃれな空間を演出できる
  • 選択する花の色によって得られる効果が異なる
  • 花を長持ちさせるには飾る前の下準備が大切
  • 清潔な環境を保つことが花を長持ちさせるコツ

部屋に花を飾ると、「ストレスが減る」「空間の印象が良くなる」など様々なメリットを得られるので、より快適な毎日を過ごせるようになります。

なお、花は1本から購入できるので、今まで花を飾ったことがない人も気軽にお試しできるでしょう。ぜひあなたの住まいにも花を取り入れて、より素敵な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

ABOUT ME
ゆうと
愛知県出身。建設業からWebライターへと転身後、旅行・転職・アニメなど幅広いメディアで記事を執筆。無類のバスケット好きで、幼い頃からNBAの大ファン。