【ソファの修理】壊れたコイルで座面がデコボコ!DIYでの対処は可能?

190828 top - 【ソファの修理】壊れたコイルで座面がデコボコ!DIYでの対処は可能?

内部にコイルが入っているソファの場合、使っていくうちにコイルが壊れて、座面がでこぼこになってきます。「なんとか自分で修理できれば…」と、あなたは考えていませんか?

そのままでも問題なく使えますが、状態がひどくなってくると、ソファを使わないときにも見た目が悪く、とても気になってしまいますよね。

この記事では、ソファの座面がでこぼこになる原因と、DIYでの対処法・プロへ修理を依頼した場合についてご紹介しています。

また、記事の後半では、ソファの買い替えをすべきかどうかについても解説しています。壊れたコイルでお困りの人は、ぜひ参考にしてくださいね。

(トップ画像出典:https://www.pexels.com/photo/woman-sitting-on-brown-sofa-2460648/)

ソファがでこぼこになったら…ポケットコイルが壊れている状態

ソファの座面がでこぼこになってしまったら、原因は内部にある「ポケットコイル」が壊れていることが考えられます。

ポケットコイルとは?

?size=m - 【ソファの修理】壊れたコイルで座面がデコボコ!DIYでの対処は可能?

ポケットコイルとは、ソファのスプリングの一種です。座面に弾力性を持たせて、座り心地を良くするために使われています。

”ポケット”という名前の通り、1つひとつのコイルが布に包まれて、独立しているスプリングです。

でこぼこの原因は、コイルが入った袋の破れ!

先ほどご紹介した通り、ポケットコイルの構造は、金属製のバネが袋の中に入っています。

布の袋に入れることでバネの高さを調整しています。そのため、袋が破れてしまうと中身のバネが伸びてしまい、座面の一部だけが浮き出てしまうんですね。

190621 woman1 - 【ソファの修理】壊れたコイルで座面がデコボコ!DIYでの対処は可能?

次の項目からは、壊れたコイルをDIYで修理する方法・プロへ修理を依頼する方法についてご紹介していきます。

ソファのコイルが壊れたら、「敷きパッド」でDIY修理!?

まずは、DIYで壊れたコイルを修理する方法についてご紹介します。

今回ご紹介するDIYでの対処法は、「修理」ではなく、あくまで「補修」する方法となるので、コイルを元通りにすることはできません。

補修のポイントは、ベッドに敷く「敷きパッド」を使うことです。飛び出たコイル自体の修理は難しいので、座面に厚さを出して、表面のでこぼこを誤魔化していきます。

敷きパッドは元々、中綿が入っているので、材料を揃える手間も少なくなります。

手芸店でも似たような生地(綿が入ったキルティング生地)を見かけますが、敷きパッドの方が安く購入できますよ。

キルティング生地とは、ステッチが入ったこのような生地です。幼稚園の通園バッグなどによく使われますね。
190828 kilting 300x300 - 【ソファの修理】壊れたコイルで座面がデコボコ!DIYでの対処は可能?

出典:https://www.sankakuya.org/detail.php?seq_no=9033

ソファの手当て!コイルのでこぼこをDIY修理(補修)する方法

?size=m - 【ソファの修理】壊れたコイルで座面がデコボコ!DIYでの対処は可能?

座面がでこぼこになったソファをDIYで補修するためには、ソファの座面が取り外せるタイプカバーが取り外しできるタイプであることが必要です。

座面のでこぼこをDIYで補修するには、敷きパッドで作ったカバーを座面の上から被せ、さらに上からソファのカバーを被せます。詳しい補修方法は以下の通りです。

必要な道具
  • 敷きパッド
  • ミシン
  • 手縫い針
  • ものさし
  • 油性ペン(チャコペン)
  1. ソファの座面を取り外し、座面の寸法を測る
  2. 油性ペンとものさしを使い、敷きパッドに座面の展開図を書いていく
  3. 座面を入れる入り口を残して、敷きパッドをミシンで縫ってカバーをつくる
  4. 敷きパッドで作ったカバーに座面を入れて、手縫いで閉じる
  5. 最後にソファカバーをかぶせて完成!

ソファのコイルを直したいなら、プロへ修理を依頼しよう!

DIYで壊れたコイル自体を修理することは、かなり技術が必要です。実際にポケットスプリングをDIYで修理した人によると、その後「再発してしまった」そうです。

過去に一度ソファのスプリングが収まっている不織布を布で再現するという修理をしました。

その後しばらくはぼこぼこが直っていたのですが再発。

(出典:https://www.letitbehappy.tokyo/happy/diy/sofa-diy/)

座面のでこぼこを誤魔化さず、壊れたコイルを元通りに修理したいときには、プロへ修理を依頼しましょう。

プロへ座面の修理を依頼した場合、見積もりから納品まで、3週間ほどかかることがあります。

依頼をしたからといって、すぐに対応してくれることは難しいため、長期間ソファが無くなると困ってしまう人は、DIYで補修をして、まずは応急処置を行ったほうがいいかもしれませんね。

building 1080592 1920 486x290 - 【ソファの修理】壊れたコイルで座面がデコボコ!DIYでの対処は可能?

【DIY?業者?】壊れたソファの修理がしたい!気になるお値段は?

2019年8月26日

ソファのコイルをプロが修理する場合、どんな手順になるの?

?size=m - 【ソファの修理】壊れたコイルで座面がデコボコ!DIYでの対処は可能?

もしも、壊れたコイルをプロへ修理依頼した場合、ポケットコイルの修理は以下のようになります。

プロの修理手順
  1. 飛び出たコイルを新しい袋に入れて、他のコイルの高さと合わせて縫製する
  2. 他のコイルの袋と繋げ、コイルが倒れないようにする
  3. クッションにコイルを入れなおす

(参考:安田屋家具店「ソファー修理を考えてます」:http://yasudaya-kagu.com/archives/11671)

状態によっては、プロへ修理を依頼した場合でも、壊れたコイルの修理が難しいこともあるようです。

ソファのコイル修理ができない場合、ポケットコイルから別の素材へ変更することもできますよ。

コイル修理ができない場合、ソファのクッション材を変える方法も

?size=m - 【ソファの修理】壊れたコイルで座面がデコボコ!DIYでの対処は可能?

壊れたポケットコイルが修理できない場合、金属製のスプリングを無くして、ウレタンだけのクッションにする方法があります。

ソファのクッション材は、ウレタンだけでなく、金属製のスプリングも併用していることがほとんどです。

ウレタンのみのクッションは、コイルがある時と比べると、座り心地が若干固くなります

一方で、コイル特有の”座面のでこぼこを感じること”は無くなりますので、この機会にクッション材の変更を検討してみるといいかもしれませんね。

ソファのコイルが壊れた場合の修理費用は?

ソファのコイルが壊れてプロへ修理を依頼した場合、どれくらいの修理費用がかかるのでしょうか。

家具の販売・修理を行っている『安田屋家具店』のサイトによると、クッションをウレタンだけで作成した場合、1個あたりの修理費用は2万円から。

コイルの修理が可能な場合も、クッション1個あたり、修理費用は2万円からとなるそうです。

座面の大きさや、修理の手間によって価格が前後しますので、あくまで参考価格となります。手持ちのソファの修理費用が気になる人は、修理店へ見積もりを依頼してみてくださいね。

修理費用が高すぎるなら、ソファの買い替えも検討してみては?

190828 lowya - 【ソファの修理】壊れたコイルで座面がデコボコ!DIYでの対処は可能?

出典:https://www.low-ya.com/category/SOFA_FLOOR/?request=change_order&sort_order=2&item_list_mode=2&SEARCH_MAX_ROW_LIST=100&category_cd=SOFA_FLOOR

座面の修理費用が高額になり、「プロへ修理を依頼するにはなかなか難しいかも…」と感じる場合は、新しいソファを購入する手もありますよ。

修理にかかる費用が2万円だとすると、1~2人掛けのソファが新しく購入できる価格です。予算が3万円あれば、3人掛けのソファも購入できます。

今あるソファに飽きてしまったり、コイル以外にもソファの劣化がひどいと感じる場合には、新しくソファを買い替えるといいかもしれませんね。

購入時に、古いソファの下取りができる店舗を選べば、もっとお得になりますよ。

「DIY・プロへ依頼・買い替え」おすすめの対処法はどれ?

ここまで、「DIYでの補修」「プロへの修理依頼」「新しく買い替え」の3通りの対処法をご紹介しました。あなたのソファをどの方法で対処すべきか、今迷っていませんか?

最後に、そんなあなたのために、それぞれの対処法におすすめの人についてもご紹介します。

「DIYでの補修」がおすすめな人

190828 woman - 【ソファの修理】壊れたコイルで座面がデコボコ!DIYでの対処は可能?
女性
  • 手元から長期間ソファが無くなると困る
  • 今は応急処置程度でいい
  • とにかくお金をかけたくない

DIYでの補修は、費用と時間、どちらも重視したい人におすすめです。

「プロへの修理依頼」がおすすめな人

190812 man - 【ソファの修理】壊れたコイルで座面がデコボコ!DIYでの対処は可能?
男性
  • 壊れたコイルを完全に直したい
  • 今あるソファを長く使っていきたい

プロへの修理依頼は、費用よりも質を重視したい人におすすめです。

「新しく買い替え」がおすすめな人

190812 woman2 - 【ソファの修理】壊れたコイルで座面がデコボコ!DIYでの対処は可能?
女性
  • 新しい形のソファも気になっている
  • ソファの劣化がひどい

新しいソファの買い替えは、費用を重視したい人におすすめです。

まとめ

今回は、ソファのコイルが壊れた場合の対処方法についてご紹介しました。

DIYで対処することも可能ですが、コイル自体の修理はできないと考えたほうがいいでしょう。

もしも、コイルを完全に修理したいと考えている場合は、プロへ修理を依頼してくださいね。

修理費用によっては、買い替えたほうがお得になるかもしれません。今持っているソファに対して、そこまでこだわりがないのであれば、下取りサービスを行っている店舗でソファを購入することをおすすめします。

ABOUTこの記事をかいた人

もえ

女一人で音楽フェス「フジロック」へ参加するのが生きがい。ブログ『moedayo.com』を運営し、フジロックへの”愛”を日々綴っては生きています。 検索インデックス800万件のキーワードで、SEO1位を獲得&フジロック公式から記事を紹介していただきました。 フェス好きをこじらせ、2019年ついに九州から関東に上京。 引っ越しにより会場までの交通費が浮くため、惜しげもなくグッズを買い、フェスごはんを食べている”ダメな大人”です。 口ぐせは「苗場に帰りたい!」