観葉植物・花

風水から見る寝室におすすめの観葉植物5選!選び方や注意点も解説

風水において重要な場所とされている寝室。観葉植物を置くことで良い気を吸収しやすくなり、運気全体をアップできると言われています。

とは言え、風水や観葉植物に詳しくない人は、「どの植物を寝室に置けば良いんだろう」と悩んでしまうでしょう。そこで今回は、風水から見る寝室におすすめの観葉植物を5つ紹介します。

また、観葉植物を選ぶときのポイントや寝室に置く際の注意点も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://unsplash.com/photos/vSDdtWQhkS0)

風水における寝室とは?観葉植物の効果も解説

出典:https://unsplash.com/photos/XM-miHibz64

風水において寝室は「自分を調整する場所」として重要視されています。と言うのも、寝室は悪い気を浄化し、運を再生させる場所と考えられているからです。

人間は寝ている間に気を取り込みますが、良くない環境で寝てしまうと悪い気を吸収してしまいます。その結果、運気が下がってしまうため、寝室の環境を整えることが重要なのです。

そこで活躍してくれるのが観葉植物です。観葉植物には悪い気を吸い取ってくれる役割があるので、寝室の環境を整えるのにうってつけのアイテムと言えます。

寝室に滞留する悪い気が少なくなれば、寝ている間に良い気をたっぷり吸収できるため、運気を上げることができるのです。「最近ついていない」と感じている人は、ぜひ寝室に観葉植物を置いてみると良いでしょう。

風水効果だけじゃない!寝室に観葉植物を置く利点

出典:https://unsplash.com/photos/I3S-Oha_5k4

風水アイテムとして重宝される観葉植物ですが、他にも寝室に置くことで以下のような利点があります。

寝室に観葉植物を置く利点
  • 空気清浄効果がある
  • 加湿効果がある
  • リラックス効果がある

空気清浄効果がある

植物は日光を浴びて「光合成」を行い、二酸化炭素を吸っては酸素を作り出してくれるので、常に新鮮な酸素で満たしてくれます。

中には空気中の有害物質を吸収してくれる植物もあり、より快適な空間を演出できるメリットがあります。

加湿効果がある

植物は根から吸い上げた水を酸素と一緒に水蒸気として排出し、周りの湿度を調整する特徴があります。この働きを「蒸散」と言い、人間にとっても快適な50〜60%の湿度を保ってくれます。

とは言え、観葉植物による湿度調整には限度があるので、自ら湿度を管理することもお忘れなく。

リラックス効果がある

植物が放出するフィトンチッドという香り成分やマイナスイオンには、リラックス効果があるとされています。

また、ストレス軽減効果も期待できるので、寝室に観葉植物を置くことでよりリフレッシュできるでしょう。

ポイントは2つ!寝室に適した観葉植物の選び方

出典:https://unsplash.com/photos/9ZvuWg8deho

観葉植物は“生き物”なので、置く場所の環境に適したものを選ぶことが大切です。

「寝室」という環境を考えた場合、以下のような性質がある観葉植物を選ぶと、より安心して育てることができます。

寝室に置く観葉植物を選ぶときのポイント
  • 耐陰性があるものを選ぶ
  • 乾燥に強いものを選ぶ

耐陰性があるものを選ぶ

寝室は「カーテンを閉めている時間が長い」「日当たりが悪い場所にある」といった理由から、十分な日光を当てられないケースも多いです。

耐陰性がある植物なら最低限の日光で生長してくれるので、暗くなりがちな寝室でも安心して育てられます。尚、日陰に強い植物でも日光は必要とするので、適度に日光浴をさせてあげましょう。

乾燥に強いものを選ぶ

寝室はエアコンを使う機会が多いこともあり、どうしても部屋の中が乾燥しがちです。そのため、過度な乾燥により植物の葉が傷んだり、調子を悪くしたりすることも少なくありません。

その点、乾燥に強い観葉植物を選べば、エアコンを使うことが多い寝室でも丈夫に育ってくれます。但し、どれだけ耐乾性が高くても、エアコンの風が直接当たる場所には置かないようにしましょう。

風水から見る寝室におすすめの観葉植物を5つ紹介

ここからは、風水から見る寝室におすすめの観葉植物を5つ紹介していきます。おすすめする観葉植物とそれぞれの風水効果は以下の通りです。

モンステラ 金運アップ、恋愛運アップ、結婚運アップ
サンスベリア 魔除け、厄払い、仕事運アップ
ドラセナ 開運、金運アップ、魔除け、厄除け、人間関係の改善
パキラ 金運アップ、健康アップ
アンスリウム 恋愛運アップ、結婚運アップ、魔除け、厄除け

上記の5つの植物は、寝室における風水アイテムとして人気の高いものばかりです。

また、「寝室でも育てやすい」「見た目がおしゃれ」という特徴もあるので、積極的に検討してみることをおすすめします。

次の章からは、5つの観葉植物について詳しく紹介していくので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

①寝室に置く風水アイテムの定番:モンステラ

観葉植物の中でも高い人気を誇る『モンステラ』。大きな丸い葉は加湿効果やリラックス効果を期待でき、その特徴から寝室に置く観葉植物の定番になっています。

モンステラは空気を浄化してくれる植物として知られていますが、風水においては気を浄化する働きがあるとされています。寝室に滞留している悪い気を吸い取ってくれるため、運気アップも期待できるでしょう。

更にモンステラを飾ることで、金運・恋愛・結婚運などもアップすると言われています。様々な風水効果を期待できるところも、モンステラが人気を集める理由の1つです。

モンステラは耐陰性がある植物で、比較的乾燥にも強いため、寝室でも安心して育てられます。南国風の見た目もおしゃれで、インテリアとしても活躍してくれるおすすめの観葉植物です。

②邪気払いで有名な人気の観葉植物:サンスベリア

縦に伸びるシャープなフォルムが特徴の『サンスベリア』。気の浄化作用が強い観葉植物で、魔除けや厄払いの風水アイテムとして人気を集めています。

数ある観葉植物の中でも邪気を払う植物として有名なので、寝室の悪い気をリセットするのにぴったりです。更に上向きの尖った葉により仕事運アップにも期待できるので、仕事の悩みがある人にもおすすめです。

また、サンスベリアは空気清浄効果に優れた植物としても知られています。邪気を払い、空気を綺麗にしてくれることから、まさに寝室向けの観葉植物と言えるでしょう。

サンスベリアはある程度の耐陰性があり、乾燥に強い性質も持っているので、暗くて乾燥しがちな寝室でも育てやすいです。サイズの種類は豊富にあるので、自分の好みやインテリアに合わせて選んでみてください。

③多くの風水効果を持つエコプラント:ドラセナ

観葉植物として人気が高い『ドラセナ』。別名「幸福の木」と呼ばれており、風水では幸福や金運を呼び寄せ、更に魔除けや厄除けにも効果があるとされています。

また、人間関係の改善効果がある植物としても人気なので、人付き合いに悩んでいる人も取り入れてみると良いでしょう。

様々な風水効果を期待できるドラセナは、室内の空気を綺麗にする「エコプラント」としても有名です。気の浄化に加えて、空気も浄化してくれるので、より快適な寝室をつくることができます。

これらの魅力に加えて、ドラセナは日陰や乾燥に強いのもポイント。寝室でも安心して育てられるので、ぜひこの機会に取り入れてみてはいかがでしょうか。

④風水的にも魅力が多い人気の観葉植物:パキラ

手を広げたような5枚の葉が印象的な『パキラ』。観葉植物の定番であるパキラは、別名「マネーツリー」と呼ばれていることから、金運アップの風水アイテムとして大人気です。

“パキラが健やかに育つ家はお金に困らない”とも言われているので、財力を高めたい人はパキラを選んでみると良いでしょう。

また、寝室にパキラを置くことで健康運アップも期待できます。更に高いリラックス効果がある植物として知られているので、体や心の状態を良くしたい人にもぴったりです。

パキラは日陰・乾燥・寒さに加え、病害虫にも強い性質があることから、とても育てやすい植物と言えます。風水面でもインテリア面でも活躍してくれるおすすめの観葉植物です。

⑤可愛い見た目で女性に人気:アンスリウム

可愛らしい見た目をしていることから、特に女性に人気を集める『アンスリウム』。ハート形の葉が特徴で、恋愛運や結婚運に効果がある風水アイテムとして有名です。

「好きな人との距離を縮めたい」「良縁を引き寄せたい」、そのような想いがある人には特にアンスリウムがおすすめです。

また、アンスリウムには悪い運気を追い出す魔除けや厄除けの効果もあるとされています。「悪いことがよく起きる」という人は、風水の力を借りて悪運を追い払ってみてはいかがでしょうか。

アンスリウムは耐陰性があるため、半日陰で管理することができます。運気アップに加えて、高い空気清浄効果や加湿効果も期待できる魅力的な観葉植物です。

寝室に観葉植物を置く際の注意点

おすすめの植物を紹介したところで、寝室に観葉植物を置く際に注意すべきポイントを3つ紹介します。

寝室に観葉植物を置く際の注意点
  • 日光を当てる時間をつくる
  • 定期的に換気をする
  • こまめに掃除をして綺麗な状態を保つ

日光を当てる時間をつくる

いくら耐陰性が高い植物でも全く日を当てなければ、日照不足で徒長(茎や枝が間延び)したり、枯れたりする場合があります。

ですので、寝室に観葉植物を置く際は「朝にカーテンを開ける」「昼間は日当たりの良い場所に移動させる」など、日光を当てる時間をつくるようにしましょう。

尚、耐陰性がある植物の多くは、直射日光を当てると葉焼けを起こしてしまいます。必ず植物の性質を確認した上で、適度な光を当てるようにしてください。

定期的に換気をする

窓を閉めている時間が長い寝室は、どうしても汚れた空気が溜まりやすいです。その結果、植物にカビが生えたり、病害虫が発生したりすることもあります。

植物が枯れてしまうこともあるので、定期的に窓やドアを開けて空気の入れ替えを行いましょう。

換気は新鮮な空気と一緒に新しいエネルギーも呼び込むため、運気を上げるのにも効果的です。

こまめに掃除をして綺麗な状態を保つ

寝室にはベットや布団があるため、植物にほこりが付きやすいです。しばらく放置していると、いつも間にかゴミが溜まっていることもよくあります。

汚れが溜まると植物は呼吸しづらい状態になり、元気に育たなくなってしまうので、こまめに掃除をして綺麗な状態を保つようにしてください。

また、風水において汚れは運気を下げるものと考えられているので、ケアを怠らないようにしましょう。

まとめ:寝室に観葉植物を置いて運気を上げよう

今回は、風水から見る寝室におすすめの観葉植物を紹介しました。風水において寝室は「悪い気を浄化し、運を再生させる場所」と考えられており、観葉植物を置くことで運気アップを期待できます。

寝室は「日当たりが悪い」「乾燥しがち」といった特徴があるので、耐陰性や乾燥に強い植物を選んで運気アップを狙ってみましょう。

尚、紹介した5つの植物は寝室でも育てやすく、風水アイテムとして大変人気です。インテリアグリーンとしても人気が高いので、ぜひあなたの寝室にも飾ってみてはいかがでしょうか。

 

ABOUT ME
ゆうと
愛知県出身。建設業からWebライターへと転身後、旅行・転職・アニメなど幅広いメディアで記事を執筆。無類のバスケット好きで、幼い頃からNBAの大ファン。