観葉植物

観葉植物の値段はいくら?お部屋を安くオシャレにする方法!

観葉植物がどのくらいの値段なのか分からず、購入するまでに踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、観葉植物の値段はもちろん、安く買う方法や初心者の方でも育てやすい植物などの情報を網羅していきます。

『初めて観葉植物を購入する』『初期費用を抑えたい』『部屋をオシャレにしたい』とお考えの方には、必見の記事です。

今回紹介する観葉植物を安く取り入れ、あなたの毎日をさらに素敵なものにしてくださいね。

出典:https://unsplash.com/photos/YI2YkyaREHk

【観葉植物の値段】5,000円以内で買える商品を紹介!

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/2736497/

上記の画像は『モンステラ』という観葉植物で、とても人気のある種類です。

大きな切れ込みの入った葉っぱが特徴的で、高さは大体50〜60cmほどで売られています。

そんな『モンステラ』をお花屋さんで購入すると、6号鉢(18cm)で約4,000円程度で買うことが可能です。

それでは『モンステラ』の他にも、5,000円以内で買える観葉植物を3つ紹介します。

〜5,000円の観葉植物
  • トラセナ リフレクタ
  • サンスベリア
  • ガジュマル

上記の観葉植物もとても人気の種類で、価格も安いので購入しやすいでしょう。

植木鉢のサイズは『号』で表され、1号が約3cm程度です。つまり6号鉢の場合、直径が18cmほどの鉢を指します。

【観葉植物の値段】10,000円以内で買える商品を紹介!

上記の投稿は『ユッカ』という観葉植物で、別名『青年の木』と呼ばれています。

剣のようにシャープで真っ直ぐに伸びた葉っぱは、インテリア性の高い立ち姿と言えるでしょう。

そんな『ユッカ』をお花屋さんで購入すると、8号鉢(24cm)で約6,000円程度で購入することができます。

それでは『ユッカ』の他にも、10,000円以内で買える観葉植物を3つ紹介します。

〜10,000円の観葉植物
  • ドラセナ マッサンゲアナ
  • アレカヤシ
  • パキラ

上記の観葉植物も、とても人気の種類です。中でも『パキラ・ドラセナ マッサンゲアナ』などは縁起物とされており、贈り物としても人気があります。

【観葉植物の値段】20,000円以内で買える商品を紹介!

上記の投稿は『ドラセナ コンシンネ』という観葉植物で、細長い茎と細長い葉っぱがとても特徴的ですね。

柔らかな曲線と細長い葉っぱが、どこか涼しさを感じさせてくれる魅力があります。

そんな『ドラセナ コンシンネ』をお花屋さんで購入すると、10号鉢(30cm)で約20,000円程度で購入することが可能です。

それでは『ドラセナ コンシンネ』の他にも、20,000円以内で買える観葉植物を3つ紹介します。

〜20,000円の観葉植物
  • ベンジャミン
  • オリーブ
  • ストレリチア オーガスタ

上記の観葉植物も、とても人気の種類です。中でもオリーブはとてもオシャレで、カフェやレストランにもよく置かれています。

また美しいだけではなく、オリーブの実やオイルもお家で楽しむことができます。

観葉植物に興味のあるオシャレなあなたであれば、きっとお好きな商品なので是非お店などで探してみてくださいね。

【観葉植物の値段】30,000円以内で買える商品を紹介!

上記の投稿は『エバーフレッシュ』という観葉植物で、涼しげな葉っぱが特徴的です。

さらに夜になると、葉を閉じて眠るという就眠運動を行う特徴もあります。

そんな『エバーフレッシュ』をお花屋さんで購入すると、10号鉢(30cm)で約20,000円程度で購入することが可能です。

それでは『エバーフレッシュ』の他にも、30,000円以内で買える観葉植物を3つ紹介します。

〜30,000円の観葉植物
  • フィカス ウンベラータ
  • ドラセナ ソングオブジャマイカ
  • ドラセナ コンパクタ

上記の観葉植物も、とても人気の種類です。中でもフィカスウンベラータ』は、ハート型の葉っぱが可愛くてオススメです。

花言葉には『すこやか・永久の幸せ・夫婦愛』などの意味があるので、とても魅力的に感じるのではないでしょうか。

是非あなたのお家に飾って、幸せの溢れるお家にしてくださいね。

【高級品】30,000円以上する観葉植物も?

最後に紹介する観葉植物は『ゴムの木』という種類で、大きな楕円形の葉っぱが特徴的です。

このような丸い葉っぱにはリラックス効果があり、人のそばに置くことで気を落ち着かせる風水の効果があります。

そんな『ゴムの木』をお花屋さんで購入すると、10号鉢(30cm)で約35,000円ほどかかってしまいます。

育てやすさ・丈夫さ・人気さも、『ゴムの木』の値段を上げる原因の1つです。それでは、『ゴムの木』以外の高級な観葉植物についても見ていきましょう。

30,000円〜の観葉植物
  • ドラセナ ドラコ
  • シェフレラ ブラッサイア
  • ガジュマル

『ゴムの木』以外にも、上記のような観葉植物は30,000円以上もします。

しかし記事を読んでいて気づいた方も多いと思いますが、観葉植物はサイズによって値段が大きく変化します。

もしあなたが安く購入したいのであれば、できるだけ小さくて可愛い観葉植物を探してみてくださいね。

また1から手間暇かけて育てることで、観葉植物を育てる楽しさも実感することができるでしょう。

初心者でも始めやすい観葉植物とは

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/6640487/

初めて観葉植物を始めるあなたは、『育てられるか心配…』と不安に感じているのではないでしょうか?

そこでこの章では、初心者でも育てやすい観葉植物を3つ紹介していきます。

初心者でも育てやすい!
  • モンステラ
  • パキラ
  • サンスベリア

上記の観葉植物は、ほとんど手入れの必要がなく、育てやすい観葉植物として人気です。

これらが育てやすい理由として、『耐陰性がある・耐寒性がある・乾燥に強い』という点が挙げられます。

つまり『日当たりが悪くても育つ・寒さによって葉が枯れにくい・毎日水やりをする必要がない』ということです。

もしあなたに観葉植物を育てる不安があれば、下記の記事を参考にして育てやすい観葉植物を購入してくださいね!

ほぼ手入れなし!初心者にも簡単に育てられる観葉植物8選空間に彩りと癒やしを与えてくれる観葉植物。インテリアとして簡単に取り入れられる反面、「手入れが大変そう」という理由から諦めてしまう人も少...

趣味は見た目から?オシャレな観葉植物とは

https://unsplash.com/photos/8ZELrodSvTc

初めての観葉植物であれば、『オシャレな見た目の観葉植物を取り入れたい』という方も多いと思います。

しかし『観葉植物のオシャレが分からない』という方も多いのではないでしょうか。

そこでこの章では、あなたにオススメしたい部屋の雰囲気を格上げする人気の観葉植物を紹介していきます。

オシャレな観葉植物
  • モンステラ
  • シュガーバイン
  • サンスベリア

上記のオシャレな観葉植物を確認すると、『初心者でも始めやすい観葉植物』と被っている商品がいくつかあります。

『モンステラ・サンスベリア』は、初心者でも始めやすいかつオシャレで安い観葉植物なので、あなたにもピッタリではないでしょうか?

またオシャレな観葉植物についてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてくださいね。

おしゃれな観葉植物はこれ!部屋の雰囲気を格上げする人気の植物7選手軽に部屋をおしゃれにできるアイテムとして、高い人気を集める観葉植物。しかし、あまりにも種類が多いため、初めて購入する人は「どの観葉植物...

観葉植物を安い値段で買うなら通販を利用しよう!

https://www.istockphoto.com/jp/ストックフォト/ショッピングオンラインコンセプト-gm1249219777-364025986

初めて観葉植物の購入を考えている方は、『できるだけ安く買いたい』のではないでしょうか。

そこでこの章では、観葉植物を安く買うことができる通販について紹介していきます。

まず、観葉植物を通販で買うメリットやデメリットについて確認しましょう。

メリット
  • 店舗運営費用をカットできるから安い
  • 自宅まで配送してもらえる
  • 時間を気にせずゆっくり選べる
  • 種類が豊富にある
  • 鉢や器を選べる通販もある
デメリット
  • 実際に見ることができない
  • サイズ感が分からない

通販を利用することで、上記のようなたくさんのメリットがあります。

実際に見ることができないというデメリットはありますが、『安く買える・時間を有効に使える』などのメリットは大きいです。

もしあなたが安さを重視するのであれば、ぜひ『HitoHana』などの通販を利用してみてくださいね。

最近ではDAISOなどの百均にも、可愛らしい観葉植物が販売されています。あなた好みの商品があるか、足を運んでみてはいかがでしょうか。

このボタンからHitoHanaの公式サイトを今すぐチェック!

【鉢の選び方】観葉植物をさらにオシャレに

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3076899/

観葉植物は鉢にこだわることで、さらにオシャレにすることができます。

しかし鉢の選び方を間違えれば、せっかくの観葉植物を楽しむことができません。

そこでこの章では、鉢を選ぶ際のポイントについて詳しく確認していきましょう。

鉢の選び方
  • 観葉植物の大きさ・高さを知る
  • 観葉植物に適した素材で選ぶ

観葉植物に対して、鉢が大きいと観葉植物が鉢に隠れてしまいます。対して鉢が小さいと、観葉植物が育ちにくく枯れてしまう恐れがあります。

なので、あなたの購入したい観葉植物のサイズに適した鉢選びがとても重要です。

また観葉植物にはそれぞれの特徴があり、植物に適した素材選びも大切と言えます。

では一体、観葉植物の鉢にはどのような種類があるのか、代表的な物を紹介します。

鉢の種類 特徴
陶器 屋外でも室内でも使えるデザイン
テラコッタ 目には見えない無数の穴がある
通気性・排水性に優れている
プラスチック 手頃な価格が特徴
室内用として人気
ウッド 排水性・通気性に優れている
大型のものが多い
コンクリート
セメント
モノトーンの見た目が人気
紫外線や雨風にも強い
ブリキ 長く使うことで独特の味わいに
直射日光は避けるべき

観葉植物に必要な鉢の種類は、上記の通りです。想像以上にたくさんの種類があると感じたのではないでしょうか。

選び方としては、乾燥に強く湿気を嫌う植物には、排水性の高い『ウッド・テラコッタ』などの素材を。

対して湿潤でも育てやすい植物には、『プラスチック・ブリキ』などの素材を選ぶといいでしょう。

これらの内容を参考に、観葉植物に適した鉢選びを楽しんでくださいね。

観葉植物の値段まとめ。あなたのお部屋をオシャレに

https://unsplash.com/photos/4xRP0Ajk9ys

今回の記事では主に、観葉植物の値段についてまとめてきました。

あなたのお部屋をさらにオシャレにする観葉植物も、たくさんあったのではないでしょうか。

この章では、今回紹介した記事の内容を改めて紹介していきたいと思います。

記事のまとめ
  • 5,000円以内:モンステラ
  • 10,000円以内:ユッカ・パキラ
  • 20,000円以内:ドラセナ コンシンネ
  • 30,000円以内:エバーフレッシュ
  • 30,000円以上:ゴムの木

今回紹介した観葉植物は上記の通りです。どれもオシャレなものばかりで、飾りたくなりますよね。

しかし値段が張る物も多く、購入するのを迷ってしまう方も多いと思います。

そんな時には、『通販を探してみる・サイズの小さい種類を選ぶ』などの対処をすると良いでしょう。

この記事をキッカケに、あなたのお部屋をできるだけ安くオシャレにしてみてみてくださいね!

ABOUT ME
りょーま
普段は『さぶすくらいふ』というブログを運営しています! あなたの人生がさらに楽しくなるサブスクについて発信しているので、ぜひ参考にしてくださいね。