寝室におすすめ!スタンドライトの選び方〜配置の仕方まで全て紹介!

b1bee4af3f73f11eccae46b2d0d9ad9e e1597017671772 - 寝室におすすめ!スタンドライトの選び方〜配置の仕方まで全て紹介!

この記事では、寝室のスタンドライトについての、特徴や配置をはじめ、あなたが購入する際に知っておきたい情報をまとめています。

「寝室にスタンドライトを置きたいけど、選び方がわからない」や、「どうやったらオシャレに配置できるの」、「デザインが豊富すぎて選びきれない」と悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

あなたのそういった悩みは、この記事を最後までみることで解消できます。是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

寝室におすすめのスタンドライトとは

寝室におすすめのスタンドライトは、お部屋に優しさ暖かさをもたらしてくれるライトがいいです。

スタンドライトの多くの製品は、種類も多くデザインがそれぞれ異なり設置の自由度も高いです。また、スタンドライト1つでお部屋の雰囲気も随分と変わります。

最近では、北欧風から和テイストのものまで様々な製品がラインナップしています。スタンドライトは、あなたの寝室を、おしゃれでゆったりしたリラックスできる空間へ自由に変えることができます。

寝室のスタンドライトに最適な色

photo 1535312800630 1c173409799a - 寝室におすすめ!スタンドライトの選び方〜配置の仕方まで全て紹介!

https://unsplash.com/photos/nqZv8jtwLTY

寝室のライトで重要視したいのが、照明の色ですよね。照明の色によってリラックス度が異なるため、目的や場所によって色を使い分けることが重要です。

照明の色は、昼光色昼白色電球色温白色白色の5つの種類がありますが、この中で寝室におすすめの照明は、オレンジに近く明るさの弱い電球色です。

何故なら、就寝前に白い光を浴びると、脳が昼間だと勘違いして目が覚めてしまい、寝つきや睡眠の質が悪くなります。なので寝室の照明の色は、オレンジに近く明るさの弱い電球色がおすすめです。

寝室のスタンドライトに最適な明るさ

photo 1579747514300 4b044621fefc 1024x683 - 寝室におすすめ!スタンドライトの選び方〜配置の仕方まで全て紹介!

https://unsplash.com/photos/scdHYIF9lOo

寝室は寝るための部屋なので、明るすぎたらあなたの睡眠を妨げてしまいます。なので、用途に合わせた明るさの照明を複数個設置することをおすすめします。

例えば、寝室に備え付けの照明を暗くし、テーブルライトや明るさの低いライトを複数個設置するのも良いですね。

上記の画像のように一室多灯(いっしつたとう)にすると、落ち着いた雰囲気を醸し出すことができるので、安眠につながります。

また、調光機能があるスタンドライトを使用すれば、シーンや場所によって明るさを調整できるのでおすすめです。

寝室のスタンドライトのデザインに気を付ける

photo 1570974802254 4b0ad1a755f5 - 寝室におすすめ!スタンドライトの選び方〜配置の仕方まで全て紹介!

https://unsplash.com/photos/mNXTZu7AeGA

スタンドライトは、デザインを重視した商品が豊富にあるため、商品によっては、デザインを重視して機能性に満足ができないような商品もあります。

睡眠の質を上げるには、リラックスすることが大切です。電球本体が見えない仕様で眩しさを抑えるようなデザインになっていることや、光が当たる位置の調節ができることも重要なポイントです。

寝室の照明は外観のデザインが好みというだけで選ぶのではなく、光のデザインも重要視して選ぶことをおすすめします。

寝室におすすめのスタンドライトの種類

寝室におすすめのスタンドライトの種類は、大きく分けて以下の2種類に分かれます。

机に置くタイプ

寝室に置くほとんどのスタンドライトが、机に置くタイプのテーブルライトです。手元だけを照らしてくれるのがポイントで、読書などにおすすめできます。

しかし、サイドテーブルなどを用意しないと置き場所に困るという問題があります。

床置きタイプ

床置きタイプであるフロアライトは、部屋を広く見せてくれる効果があります。

広範囲を照らしてくれるのがポイントで、テーブルライトのように置き場にも困りません。

しかし、置く場所によっては、室内での移動で邪魔になる場合もあるため、ソファの後ろや部屋の角などあなたの生活線情にはおかないようにしましょう。

スタンドライトで寝室をオシャレに見せるテクニック

photo 1577382063309 ea8944834a4b - 寝室におすすめ!スタンドライトの選び方〜配置の仕方まで全て紹介!

https://unsplash.com/photos/MDa-0C_RTl0

寝室をオシャレに見せるテクニックは、スタンドライトのタイプごとに変わります。テクニック一つで寝室をホテルのようなリラックスした空間に変化させることが可能です。

机に置くタイプのテクニック

スタンドライトのすぐ横に、観葉植物を置くことで光によって観葉植物の影が部屋全体に映し出されて、おしゃれに見えます。

照明のライトを観葉植物によって遮ることもできるので、照明が眩しいと感じる時は、観葉植物の配置によってもカバーができます。また、観葉植物を寝室に置くだけでもリラックス効果が向上するのでおすすめです。

床に置くタイプのテクニック

床に置くタイプは、コンセントタイプが多く、どこでも自由に設置できるため置き場所によって、部屋全体を広く見せることができます。

また、デザインが豊富にあり、あなた好みのデザインを選ぶだけで寝室のリラックス感を増加させてくれます。

寝室におすすめのスタンドライト①「AKARI」

?size=m - 寝室におすすめ!スタンドライトの選び方〜配置の仕方まで全て紹介!

この商品は、生涯を芸術の実験に捧げたイサムノグチが、岐阜提灯の技術を使用して制作したものです。

世界各国で展覧会が開かれるほど称賛されており、本人も「自信を持って誇れる商品です。」と言っています。

AKARI(アカリ)」は自然光に近い照明を和紙が程よく、光を分散させて部屋全体に柔らかい光を流してくれます。

あなたの住空間に、寝る前の癒しとして世界で称賛される「光の彫刻」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

寝室におすすめのスタンドライト②「Panthella」

?size=m - 寝室におすすめ!スタンドライトの選び方〜配置の仕方まで全て紹介!

「Panthella(パンテラ)」は、色、フォルム、そして光と空間に対する独特なセンスを持った、デザイナーのヴァーナー・パントンがデザインしたものです。

アクリル製の半球形シェードが柔らかい光を周囲の空間に広げてくれます。そして、機能的かつ美しいデザインは、インテリアのスタイルを問わず、様々な空間にフィットしてくれます。

サイズバリエーションも、ポータブル、ミニ、テーブルを3種類あり用途や机のサイズによって好きなサイズを選べます。

あなたの寝室にポップさ暖かい光を届けてくれる愛くるしいライトです。

寝室におすすめのスタンドライト③「snowdrop 320」

?size=m - 寝室におすすめ!スタンドライトの選び方〜配置の仕方まで全て紹介!

「snowdrop 320(スノードロップ 320)」は、デザイナーのキム・サムソンニコライ・ソレンセントーマス・ハリットがデザインしており、自然のスノードロップから影響を受けて制作されました。

LE KLINTの作品は、一枚の特殊プラスチックシートを手で折り上げているため、ハンドクラフトならではの美しいフォルムが特徴的です。

シンプルながら可憐さもあり、どんな生活様式にも合わせやすいです。

あなたの睡眠時間を、心を潤す暖かい光やさしい影で包んでくれます。

【まとめ】寝室のスタンドライトに意識すること

いかがだったでしょうか?寝室に設置するスタンドライトを選ぶ時は、以下の項目を意識しましょう。

  • オレンンジに近く明るさの弱い電球色を選ぶ
  • 調光機能があるライトにする
  • 一室多灯(いっしつたとう)にして明るさを調節
  • デザインの豊富さに気を付ける

ぜひ上記の項目を意識しながらスタンドライトを設置してみてください。寝室は一日の終着点であり、次の日の出発点でもあります。

スタンドライトを使用して快適でリラックスできるあなただけの寝室空間を作ってみてください。この記事を最後まで読んでくださったあなたの、睡眠の質が少しでも向上することを願っております。