ガラステーブルを自分で直す方法&オススメの修理業者を4選ご紹介!

glass 984457 1920 - ガラステーブルを自分で直す方法&オススメの修理業者を4選ご紹介!

「ガラステーブルが割れてしまった!自分で修理する事って可能なのかな?」や「修理業者へ依頼すると、どのくらい修理費用がかかるのだろう」と悩んでいませんか?

愛着のあるガラステーブルが割れてしまっても、なかなか捨てることができず、そのまま使ってしまいますよね。今回の記事を参考に、ガラステーブルの修理を検討してみませんか?

今回は、自分で修理する方法やオススメのガラス修理業者を4つご紹介します。「買い換えた方がいいのか?」や「修理した方がいいのか?」という悩みが本記事で解決されるので、ぜひ参考にしてくださいね!

トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/ガラス-粉々-になった-984457/

スポンサーリンク

ガラステーブルの割れた状態を確認しよう

ガラステーブルだけでなく、ガラスの割れ方には3つの原因があります。今のガラステーブルは、どんな状態なのか確認しましょう!

ガラスが割れる3つの原因
  1. 外部からの衝撃で割れた・穴が空いた。(爪が引っかかる程度)
  2. 急な温度差で割れた。
  3. 水が原因で錆ができてしまい割れた。

このようにガラスが割れる原因は様々ですが、今のガラステーブルの状態はどうでしょうか?ヒビ割れがテーブル全体に放射線状に広がっていますか?ガラステーブルに爪が引っかかるような穴がありますか?

ガラステーブルの状態を知ってから、これからご紹介する内容を参考にしてくださいね!

ガラステーブルの割れを自分で修理できる場合

repair 891422 1920 1024x683 - ガラステーブルを自分で直す方法&オススメの修理業者を4選ご紹介!

https://pixabay.com/ja/photos/修理-接着剤-修正-891422/

1つ目の見出しでも紹介しましたが、ガラステーブルの状態により自分で修理できるかできないかが決まります。素人がガラスの割れを修理できる場合は、ガラスの角が少し欠けてしまった時だけです。

ガラスの角が欠けてしまった場合の修理方法としては、ガラス屋で売られている接着剤を使用して直すという方法になります。

約1分ほどでくっついてくれるので「ちゃんと修理できたな!」と思いがちなのですが、修理部分はかなり弱っている状況で、長く使用するには難しいでしょう。

ガラステーブルの修理はプロへ依頼しよう

craftsmen 3094035 1920 1024x624 - ガラステーブルを自分で直す方法&オススメの修理業者を4選ご紹介!

https://pixabay.com/ja/photos/職人-サイト-労働者-力-3094035/

ガラステーブルだけでなく、ガラス修理は基本的にプロにお願いしましょう。これからも長く使っていきたいガラステーブルを自分で直そうとして、たくさんの工具や備品を購入する必要はありません。

そのお金がガラステーブルを新品同様に生まれ変わらせてくれたり、新しいガラステーブルを購入したりするお金になります。

「ガラステーブルにヒビが入った・割れてしまった。」となった場合は、まず修理のプロに相談してみることをオススメします。

ガラステーブルを修理する際の価格相場は?

calculator 1680905 1920 1024x683 - ガラステーブルを自分で直す方法&オススメの修理業者を4選ご紹介!

https://pixabay.com/ja/photos/電卓-計算-保険-ファイナンス-1680905/

「ガラステーブルをプロに依頼して修理したいんだけれど、価格相場はどのくらいかな?」と気になりますよね。ガラステーブルにも様々な厚みの種類やデザインがあります。

リペア修理だけで済む場合もあるかも知れませんが、天板自体を交換しなければいけない場合もあるんです。

ガラスの悪化状態にもよりますが、修理費用の相場としては約8,000〜60,000円となっています。実際に業者に見積もりをとらなければ正確な費用はわからないので、まずはプロに相談してみましょう。

次からはガラス修理のオススメサイトを4つご紹介します。4つのサイトを参考に、ぜひ修理を依頼してみてくださいね。

ガラステーブルのオススメ修理サイト「ガラス110番」

1つ目に紹介するオススメのガラス修理サイトは「ガラス110番」です。「ガラス110番」は、24時間365日受付をしており、迅速に対応してくれます。

電話で「ガラステーブルを修理したい!」ということを話せば、無料で加盟店スタッフが見積もりをとってくれるんですよ。

「電話して来てくれたから、必ずガラステーブルを修理に出さなければいけない!」ということもなく、見積もりをとることで、「買い換えた方がいいのか?」という悩みがなくなるのでオススメです。

ガラステーブルの修理費用を知るためにも、フリーダイヤルの0120-127-008(通話料無料)で相談してみてはいかがでしょうか?

ガラス110番

ガラステーブルのオススメ修理サイト「ファインドプロ」

2つ目に紹介するオススメのガラス修理サイトは「ファインドプロ」です。「ファインドプロ」は、現地での調査費用・見積もり料金を無料で依頼することができます。

もちろんプロの業者さんがガラステーブルの割れ具合などをチェックしてくれるので、安心して任せることが可能です。

「ファインドプロ」では、通話料無料の(0120-989-092)フリーダイヤルで相談することが可能なので、まずは気軽にガラステーブルの悩みをお話ししてみてはいかがでしょうか。

ファインドプロ
  • 電話番号:0120-989-092(通話料無料)
  • 受付時間:10:00〜19:00
  • 対応地域:日本全国
  • 公式サイト:https://findpro.jp/

ガラステーブルのオススメ修理サイト「ガラスの生活救急車」

3つ目に紹介するオススメのガラス修理サイトは「ガラスの生活救急車」です。「ガラスの生活救急車」は年中無休でガラス修理の相談を受け付けている業者です。

「ガラスの生活救急車」は出張見積が無料で、万が一修理依頼をキャンセルした場合でもキャンセル料が無料なので安心ですよ。

公式サイトには、ガラスの厚さとサイズで大まかな修理費用が記載されているので、相談前に大体の料金を知ることができます。

「ガラスの生活救急車」では、割れてしまった危険なガラス掃除も対応してくれるのでオススメですよ!どこに修理・掃除依頼をしようか迷った時に相談するのがオススメですよ。

ガラスの生活救急車

ガラステーブルのオススメ修理サイト「ユアマイスター」

4つ目に紹介するオススメのガラス修理サイトは「ユアマイスター」です。「ユアマイスター」は自分の情報を登録して、リペア・メンテナンスをしてくれるプロと出会えるサービスです。

ガラステーブルの修理を依頼できるのはもちろん、万が一ガラステーブルが割れてしまった場合にはクリーニングサービスを行なっております。

状態によりますが、「ガラステーブルをリメイクさせてこれからも大切に使いたい!」と言った要望もリメイクのプロに任せれば、驚くような物に作り変えてくれますよ!

「ユアマイスター」は日本全国の修理対応を受け付けているので、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

ユアマイスター
  • 電話番号:記載なし
  • 受付時間:記載なし
  • 対応地域:日本全国
  • 公式サイト:https://yourmystar.jp

買い換えた方が安く済む場合もあるけど本当にいいの!?

telephone 586268 1920 1024x683 - ガラステーブルを自分で直す方法&オススメの修理業者を4選ご紹介!

https://pixabay.com/ja/photos/電話-モバイル-呼び出す-586268/

ここまでは、ガラステーブルを自分で直す場合とオススメのガラス修理業者を4つご紹介しました。本記事を読み進めてきて、修理を依頼しようか迷っている方も中にはいるのではないでしょうか?

プロに修理を依頼することで新品同様に生まれ変わり、これからも長く使い続けることが可能かもしれませんが、料金面でみたら買い換えた方が安く済む場合もあります。

ですが、長年使用した愛着のあるガラステーブルは、お金には変えられない大切な思い入れがあるのではないでしょうか?

家具を買い換えるよりも、これからも末長く大切に使っていく方が素敵だとは思いませんか?なのでまずは本記事で紹介した修理業者に電話で相談してみましょう。

まとめ

今回は、ガラステーブルを自分で直す方法とオススメの修理業者を4つご紹介しました。ガラステーブルにヒビが入ったまま使い続けると割れてしまい、ガラスの破片で怪我につながる危険性もあります。

ガラステーブルが突然の温度差で割れてしまったり、物を落としたことで割れてしまったりすると、どうしていいかわからなくなってしまいますよね。

費用が高いからと買い換えるのもいいですが、プロに依頼して生まれ変わったガラステーブルは、かけがえのない宝物になり、これからも長く使うことができます。

ぜひ今回の記事を参考にし、ガラステーブルの修理を業者に依頼してみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

SHIONAです!よろしくお願いします。 今現在は療養しながら自宅で過ごしているニートです。 しかしフリーランスになって1人でも多くの人に読まれる記事を作って本業にしたいと思い奮闘しています!頑張ります!