DePadova(デ・パドヴァ )のチェアならこれ!8つ厳選!!

architecture 2576906 1280 - DePadova(デ・パドヴァ )のチェアならこれ!8つ厳選!!

DePadovaのチェアをご覧になったことはありますか?実際に見てみたらわかりますが、イタリア家具の中では、異色なテイストを持ち合わせているんですよ。

今回の記事では、DePadovaのおすすめチェアを8つ厳選して紹介していきますので、ぜひ最後まで読み進めてください。

(※画像はイメージです。アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3-%E5%BB%BA%E7%89%A9-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-2576906/)

スポンサーリンク

DePadovaってどんな特徴があるブランド?

1956年創業のDePadovaは、イタリアの上流階級の人たちに、北欧テイストの家具をショールームで披露する事業を立ち上げたところから始まります。

当時としては、家具をデザイン・製造する会社が多い中、輸入家具を展示して販売する珍しい会社でした。

現在のDePadovaは、北欧家具のテイストを取り入れたバランスの取れたモダンなイタリア家具を、自社で開発・販売しています。

DePadovaのおすすめチェア①Louisiana

?size=m - DePadova(デ・パドヴァ )のチェアならこれ!8つ厳選!!

最初に紹介するのは、「Louisiana」です。こちらのチェアは、イタリア人の「ヴィコ・マジストレッティ」によってデザインされました。

乗馬に使う鞍をイメージしてデザインされたチェアとなっています。縫い合わせは職人のハンドステッチが効いており、革の美しいカーブにそって見事に縫い合わせられています。

チェアに座りながら足をプーフにのせてゆったりできるのが、特徴的ですね 。チェアとプーフの両方にキャスターがついていて、手軽に移動ができます。

DePadovaのおすすめチェア②Incisa

?size=m - DePadova(デ・パドヴァ )のチェアならこれ!8つ厳選!!

2番目に紹介するのは、「Incisa」です。こちらのチェアも「ヴィコ・マジストレッティ」によってデザインされました。

「Incisa」の特徴は、回転式キャスターが5つあることです。DePadovaのチェアで座面を支えるベースが5つあるタイプは珍しいです。

5つあることでバランスを崩すことはなく安定して座ったまま移動できます。自宅だけでなくオフィスでも似合う美しいデザインです。

チェアの背中と側面には、職人によるハンドメイドで革を縫い込んでおり、手が込んだ作りになっています。

DePadovaのおすすめチェア③Uragano

3つ目に紹介するのは、「Uragano」です。こちらのチェアも、「ヴィコ・マジストレッティ」によってデザインされました。

こちらのチェアの特徴は、シートと背もたれが天然の籐で製造されており、それが手作業で施されているところ。リビングだけでなくベランダ等の屋外でも使えます。

元々、竹製のアームチェアをベースとして現代風に作り替えられた経緯もあり、モダンな感じとレトロな感じが混ざっています。

DePadovaのおすすめチェア④Olimpia

?size=m - DePadova(デ・パドヴァ )のチェアならこれ!8つ厳選!!

4つ目に紹介するのは、「Olimpia」です。こちらのチェアも、「ヴィコ・マジストレッティ」によってデザインされました。

「Olimpia」の特徴は、ブナの合板を背もたれに使用しており、モダンなイタリア家具に北欧のテイストが加わっているところです。

また、このチェアは最大6個を積み重ねて収納できます。床から座面までの高さがあり、カウンターチェアとしても活用できそうですね。

「Olimpia」の公式サイトはこちら[/btn]

DePadovaのおすすめチェア⑤Silvia

[instaEmbed url="https://www.instagram.com/p/BjFjB0WnOED/?utm_source=ig_web_copy_link"]

5つ目に紹介するのは、「Silvia」です。こちらのチェアは、エジプト人の「パオロ・ティルチェ」によってデザインされました。

こちらのチェアの特徴は、その材質です。インドネシア産の籐を、い草で一つ一つ丁寧に手作りされています。

南国のリゾートにありそうな爽快感のある作りですね。イタリア家具はモダンなものが多いですが、「Silvia」は、他のチェアにはない変わったデザインとなっています。

[btn class="simple"]「Silvia」の公式サイトはこちら

DePadovaのおすすめチェア⑥Rea

?size=m - DePadova(デ・パドヴァ )のチェアならこれ!8つ厳選!!

6つ目に紹介するのは、「Rea」です。こちらのチェアも、エジプト人の「パオロ・ティルチェ」によってデザインされました。

こちらのチェアの特徴は、革を植物タンニンなめしで加工してあり、大変手間がかけられているところです。使い込むほど、革が柔らかくなって色艶の変化を楽しむことができます。

背もたれと座面のシートが直角になるように厳格に設計されているのも、特徴の1つです。

DePadovaのおすすめチェア⑦T.54

?size=m - DePadova(デ・パドヴァ )のチェアならこれ!8つ厳選!!

7つ目に紹介するのは、「T.54」です。こちらのチェアは、イタリア人の「フラッテリ・モンティ」によってデザインされました。

こちらのデザインの特徴はその材質です。職人がラタン(籐)を一つずつスチールフレームに巻きつけて、座面全体をラタンで覆います。

ラタンの座面も素材の良さを感じることができますが、希望に応じて、ファブリックかレザーをオプションで張り替えることもできますよ。

DePadovaのおすすめチェア⑧Donzella

?size=m - DePadova(デ・パドヴァ )のチェアならこれ!8つ厳選!!

最後に紹介するのは、「Donzella」です。こちらのチェアは、イタリア人の「ミケーレ・デ・ルッキ」によってデザインされました。

背もたれとアームフレームは、無垢のアッシュ材に黒漆塗装が施されており、高級感を醸し出しています。

このチェアの特徴的なところは、座面の作りです。藁を使用しており職人の手で編み込まれています。

こちらのチェアは、一般的なモダンなイタリア家具とはテイストが異なりますが、リゾート気分を味わえる夏にぴったりのソファですね。

まとめ

ここまで、DePadovaのおすすめチェアを8つ紹介してきました。他のイタリア家具メーカーと比べてバリバリのモダンな家具という印象は少なかったのではないでしょうか?

北欧テイストや南国風な感じが、イタリア家具に組み込まれてバランスの取れたチェアが多かったですね。

この記事に紹介しきれないDePadovaの魅力的なチェアが公式HPには、たくさんラインナップされているので、ぜひアクセスしてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

ひろき

作業療法士として、発達障がい児に対する療育を仕事にしています。調査データや研究結果を引用して、できるだけ根拠に基づく記事執筆をモットーにしています。客観性を大切にしつつ、読者に寄り添った記事を書くように心がけています。