高級家具メーカー【フリッツハンセン】を徹底解説!

bed 1834327 1280 - 高級家具メーカー【フリッツハンセン】を徹底解説!

あなたは、「フリッツハンセン」という家具ブランドをご存知ですか?日本ではあまり知られていないかもしれませんが、北欧を代表する老舗高級家具メーカーなのです。

フリッツハンセンは、ロングセラーの商品の販売だけでなく、絶えず昨今のデザイナーと協力しながら新しい商品の生産を行っています。

家具好きなら絶対に押さえておきたい高級家具メーカー「フリッツハンセン 」について、歴史・技術・有名なデザイナーを交えて、ご紹介していきます。製品の保証サービスも書いてあるので、参考にしてみてください。

(※画像はイメージです。 トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89-%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-%E6%A4%85%E5%AD%90-1834327/)

スポンサーリンク

フリッツハンセンの歴史

「フリッツハンセン」は、デンマークの家具職人のフリッツ・ハンセン氏によって1872年に創業された、伝統ある高級家具ブランドです。

創業当初は、家具の部材会社としての事業から始め、1885年には家具の製造事業を立ち上げます。そんな中、創業者フリッツ・ハンセンの息子のクリスチャン・E・ハンセンは蒸気による曲げ木を試み始めました。

そして、1930年代には、軽量で丈夫な家具作りが可能なスチーム加工による曲げ木技術を確立しました。

その後、デンマーク初のスチール製家具を発表するなど、家具メーカーとしての知名度を高めていきました。

フリッツハンセンの技術

「フリッツハンセン」の特徴的な技術は、スチーム加工による曲げ木の技法です。この曲げ木技術が後ほど、同社の得意分野に進化を遂げました。

それが成形合板の技術の確立です。この技術による家具の生産ができるようになりました。成形合板とは、薄い単板を板の向きが交互になるように重ね、型に入れて成形した合板のことです。

この技術が確立されたことで、フリッツハンセンは後世に残る代表的な作品の数々を世に輩出することになります。

フリッツハンセンの有名なデザイナー①【アルネ・ヤコブセン】

フリッツハンセンの成形合板の技術に着目し、同社に最も大きな足跡を残したのが、デンマーク人デザイナー「アルネ・ヤコブセン」です。

モダン様式の代表的な人物の一人で、数々のベストセラーを生み出した建築家でありデザイナーです。デンマークデザインの父と呼ばれる人物でもあります。

そんな彼が、フリッツ ハンセンの技術によって生み出したのが不朽の名作の「アントチェア」や「エッグチェア」などです。これらの多くの家具が今も受け入れられています。

代表的なフリッツハンセンの家具といえば【セブンチェア】

?size=m - 高級家具メーカー【フリッツハンセン】を徹底解説!

1952年のアントチェアの成功後、その進化形として1955年に発表されたのが、1955年の発売以来累計生産数が800万脚を超えた「セブンチェア」です。これも「アルネ・ヤコブセン」がデザインしました。

セブンチェアは9枚の薄くカットした板を使用して、成形合板で作られています。立体的なカーブで座り心地はよく、強度と弾力性に富んだ椅子です。

その後技術の改良が進み、カラーリングや脚の仕様など、さまざまなバリエーションが生まれました。

フリッツハンセンの有名なデザイナー②【セシリエ・マンツ】

デンマーク人の「セシリエ・マンツ」は、雑貨の見本市「メゾン・エ・オブジェ(MAISON ET OBJET)」でデザイナー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた注目の女性プロダクトデザイナーです。

フリッツハンセンの家具やアクセサリー、同社の傘下の「ライトイヤーズ」の照明器具など幅広いプロダクトのデザインを手掛けています。

陶器から照明、チェアや収納アイテムに至るまで、家具と生活雑貨をシンプルかつ実用的で物語性のあるデザインでプロダクト化しています。

チェアだけじゃない、フリッツハンセンの他の家具

?size=m - 高級家具メーカー【フリッツハンセン】を徹底解説!

フリッツハンセンは、チェアが有名ですが、その他の製品もたくさんあります。有名デザイナーと協力してフリッツハンセンの哲学を大切にしつつモダンな物を生み出しています。

製品の一つに、「セシリエ・マンツ」がデザインした「エッセイテーブル」があります。テーブルトップと 2 点のベースのみのシンプルな構造が特徴的でありつつ、柔軟な機能性を持ち合わせています。

また、フリッツハンセンは、2015年に照明家具メーカー「ライトイヤーズ」を買収しました。それを契機に、チェア、テーブルだけでなく、ランプなどのアクセサリーも数多く取り揃えているようになっています。

コピー商品との見分け方

ブランド品にはコピー製品がつきものです。安価ではありますが、劣化が早く細かい仕上げなどで品質が劣ります。

フリッツハンセンの製品では、2010年までに製造された物には赤いタグ、2011年〜2019年までに製造された物にはダークブラウンのタグ、2020年以降に製造された物には黒と白のタグがついています。

また、フリッツ・ハンセンのそれぞれの製品には、固有のIDナンバー、デザイナー名、製造年、製造国を記したラベルが付いており、延長保証の登録や将来の価値の証明の際に役立ちます。

製品についているタグと固有のIDナンバー等の製品情報を確認することが、本製品とコピー商品を見分ける手軽な方法となっています。

商品の購入方法

高級な物ですから、直接自分の手で触って素材の質感や雰囲気を確かめた上で購入した方が良いでしょう。

日本には、東京と大阪にそれぞれ1店舗ずつフリッツハンセンの正規専門店があります。正規専門店に関しては、基本情報を下記にまとめておきましたので、興味のある方は足を運んでみることをおすすめします。

フリッツハンセン 青山本店
  • 所在地:東京都港区北青山3丁目10-11
  • 電話番号:03-3400-3107
  • 営業時間: 11:00~19:00 (休業日:年末年始 )
REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA
  • 所在地:大阪府大阪市中之島5-3-68 リーガロイヤルB1F
  • 電話番号: 06-6448-1717
  • 営業時間: 10.00〜19.00 (定休日:第二火曜日)

また、正規店でなくても、取扱店はたくさんあり、下記のリンクから探すことができます。もちろんECサイト等のオンラインでも購入ができますよ。

お客様向け店舗一覧ページ

ユーザー登録をすると、保証期間が最長20年に!

通常の保証期間は5年(籐製品は2年)ですが、商品購入後、ホームページ「MY Republic」からユーザー登録をすることで、最長で20年まで保証期間を延長してくれるサービスがあります。

ユーザー登録する事により、保証期間の延長のほか、フリッツハンセンの最新情報や商品に関する様々なニュースレターを受け取ることも可能です。

ただし、商品を購入してから3ヶ月以内に、製品の固有ID番号を登録しなければ延長限定保証は適用されないので、注意が必要です。

なお、直射日光や暖房機の熱による家具の変形や誤った使い方による傷み・不具合は延長保証の対象外となっています。

まとめ

フリッツハンセンの歴史や技術、有名なデザイナーをご紹介してきました。フリッツハンセンといえば、チェアが有名でシンプルで斬新なデザインは、時代を超えて愛され続けています。

現在は、チェアやソファなどの家具だけでなく、クッションや照明器具など様々な家具を、デザインと触り心地、機能性を考慮して生活雑貨を手掛けています。

もしフリッツハンセンの家具を購入してみたいと思ったら、一度正規販売店を訪れて直接見て触れてみることをおすすめします。

ABOUTこの記事をかいた人

ひろき

作業療法士として、発達障がい児に対する療育を仕事にしています。調査データや研究結果を引用して、できるだけ根拠に基づく記事執筆をモットーにしています。客観性を大切にしつつ、読者に寄り添った記事を書くように心がけています。